今日:  昨日:  合計:

休止中

 2017年の明けましておめでとうございますです。

 更新止まったままだけど、まだまだ生きてるよ(笑)

http://h.ten-t.net/article/407600587.html

↑ 休止の理由。

 いや、どのページを開いても、トップのこれが毎回出てくるので、検索から来てくれた人には鬱陶しすぎるかなと思って(^_^;

 昨年は微塵も進展なく終わってしまいました(^_^;

 あ、漫画雑誌の発売日はそこそこ更新してたんですよ?ただ、最近は忙しくて読む暇がないので、雑誌が貯まる一方で、発売日シリーズは削除しようと考えてたり。

 それでもまだまだやる気だけはある(笑)

 今年こそは片を付けたいなぁ…。

2017年01月06日

2014年01月07日 22:33

ハゲ防止に何を食う?そうだね、プロテインだね!! 「タンパク質のお話」

カテゴリ:雑記

 昨日の今日でダイエットネタ。

 え〜昨日の番組はまた観ておりませんが、栄養の話があったのでそれ関連を一つ。

 よくダイエットするときに「プロテインを飲んだ方が良いんですか?でも太りますよね?」とか馬鹿な質問をしてる人がいますが、まあ一言「ググレカス」と。

 なんだかプロテインを、「飲んだだけで筋肉が付く魔法の粉」と勘違いしてる人が大勢いるんですが、プロテイン(Protein)って日本語に直すと単なる「タンパク質」ですから(笑)
 えっとね、Google翻訳当たりで「タンパク質」って打って、日本語に変換してみそ?

 サプリメントとしてのプロテインは、このタンパク質を効率良く摂れるようにしたものですが、なんか門外不出極秘事項の薬品を調合したもの、というわけではなく、原料は大豆とかミルクとかで、そこからタンパク質を摂りだして味付けしたり水に溶けやすいように添加したりしたものですね。

 で、タンパク質って何かっていうと、およそ人体において「肉」と呼べる物すべてを作るための材料と考えてください。
 普通の人でも一日に体重の1/1000、まあ単純に「kg」から「k」を取った量だけタンパク質を取る必要があります。
 体重60kgなら60gね。

 プロテインを飲んだ方が良いか?という質問ですが、普段取ってる食事でこの必要分が摂れてるなら飲む必要ないです、
 タンパク質も1gにつき4kcalありますから、必要以上摂ってオーバーカロリーになれば、もちろん太ります。

 プロテイン飲んだら太ったとかほざく輩は、食事量を減らさずにプロテインを飲んで、オーバーカロリー気味のところにさらにカロリーを追加したからです。

 食品とは栄養を取るための行為ですから、食べると痩せるというものは存在しません。
 すべての食材が食べ過ぎてオーバーカロリーになれば太ります。

 食べただけで痩せるというのは、それ、もう食品じゃ無くてですから(笑)

 ボディビルダーが愛飲しているのもあって、ドーピングと勘違いして変な情報が広まってますが、ああいう身体を鍛えている人たちは、筋肉の材料として常人の倍以上のタンパク質を取る必要があるため、普通の食事では間に合わないのでプロテインを飲んでいるわけです。

 ボディビルダーだと体重60kgだと、最低でもだいたい120〜180gのタンパク質が必要になりますが、これ、肉でも一日に400〜600g食わないといけないんですよね。
 それだとカロリーもオーバーしやすいし、コストも高すぎるということで、プロテインを飲んでるわけですよ。

 極端な話、タンパク質とビタミン・ミネラル、少々の糖質があれば減量には充分なので、朝食と昼食をプロテインとビタミン・ミネラルのサプリメント、夕食は糖質と残りの栄養を補給する形にすれば、一番効率の良い減量ができます。
 ただし、身体に負担はかかるので、だいたい1〜3ヶ月限定ですね。まあ、身体に負担のかからない減量って無いんですが。

 あ、ちなみにワシが「ダイエット」ではなく、「減量」って言葉を使ってるの気付きました?
 前回のタイトルに書きましたが、「ダイエット」とは食事療法、つまり自分の身体に適した食事に切り替えることを言ってるわけで、そのほとんどは痩せるための場合が多いですが、逆に痩せ過ぎの人には「太るためのダイエット」というのがあるんですよ。

 だから「ダイエット=減量」と考えるのは、厳密に言うと間違い。
 ダイエット関連の業者は、この曖昧な表現を巧みというか姑息に使って詐欺まがいの売り方をしてるので気をつけてね。

 あと、プロテインってあくまで材料ですから、食べただけで筋肉はつきません。
 筋肉は負荷をかけない限りつきません。
 よく最初の方に書いた質問の亜種として「プロテイン飲んだら痩せますか?痩せたいけどムキムキにはなりたくありません。プロテイン飲んだら筋肉が付きすぎませんか?」というのがありますが、プロテイン飲んだだけで筋肉が付いたらスポーツジムが潰れます(笑)

 そんなもんで筋肉が付けば、ボディビルダーどころか、およそスポーツと名の付くものに携わってる人たちに苦労はありません。

 あくまで自分の生活強度に合わせた量が足りないときに飲めば良いだけです。
 プロテインを摂るメリットって筋肉が付くことじゃなくて、タンパク質を低コストで、かつ少ない食事量で摂ることができるということだけです。

 なんか、ドーピングのイメージと白っぽい粉ってのもあって、怪しい薬だと勘違いしてる人も多いようなんですよね。

 これはあるボディビルダーのブログか何かで読んだ話なんですけど、その人の勤め先の人間が同じように栄養の知識が無くて、プロテインを違法の薬か何かと勘違いしてたらしいんですよ。
 で、あるとき上司から呼び出されて「プロテインをやってると聞いた。やめないならクビだ」と言われたそうです。

 なんだよ?プロテインを「やってる」って(笑)

 プロテインがダメなら、同じ考え方のスキムミルク(脱脂粉乳)だって違法になるわ(笑)

 なんか、その人は必死に資料を揃えて説明して理解を得たようですが、たぶんクビになっても裁判起こせば100%勝ちますよ?
 簡単に言うなら「食事したからクビにした」ってことですから。

 史上最高(最低)のブラック企業と呼ばれることになるでしょうね(笑)

 と、まあ、そんなわけでプロテインは単なる食品なので、タンパク質が足りないと思ったら飲んでください。

 というか、他の食品も味を楽しむための嗜好品ではないわけで、足りないから食べるというのが正しい食事です。
 それを必要もないのに味や食感を楽しむために余計な物まで摂るから太るわけです。

 要は、デブって根本的な考え方が間違ってるわけ。


 で、栄養が足りないというのは、身体を作るための材料が足りないってことなので、例えば家が壊れても材料が無いから修復できない、もしくは代用品でみっともない見た目でもとりあえず直すという状況が身体でも起こるわけです。

 「肉」と呼べる物すべての材料と言いましたが、筋肉だけでなく皮膚もそうですから、足りないと肌が荒れます。
 コラーゲンが肌に良いなんて言われてますが、プロテインもコラーゲンも消化されてしまえば全部アミノ酸になるので結局は同じ物。
 要はタンパク質(アミノ酸)をちゃんと摂りましょうねってことです。

 無茶なダイエット(減量)すると病人みたいな顔になると言われるのは、こういう栄養が足りなるため。
 病人ってまともな食事摂れないか、摂れても病気や薬の副作用のせいで、栄養を普通以上に使って不足気味になるから、肌も荒れてやつれた顔になるわけです。


 でね、ここでようやくタイトルに出てきた話。

 知らない人も多いですが、髪も実は皮膚なんですよ。
 皮膚のなれの果てと言った方が良いのかな?

 だから、もちろん材料はタンパク質。
 タンパク質が不足するとハゲます。

 まあ、あくまで材料ですから、もともと遺伝子的にそういう方向の人が飲んだところで影響は少ないかとおもいますが、でも足りないとよりハゲます。

 ワカメ食うと良いなんて言われてますが、ありゃ迷信ですからね?(^_^;
 ワカメってタンパク質の含有量は、100gにつき1〜2g程度しか無いですから。肉や大豆の1/10以下です。

 でね、胃袋の容量も限度ってもんがあって、肉や大豆と言った高タンパクなものをそっちのけでワカメばかり食ってると、タンパク質不足で禿げるよ、と(笑)

 試しに通ってるスポーツジムのトレーナーに訊いてみてください。
 「ハゲ防止に、どんな食事が最適ですか?」って。

 もし、「ワカメを食べるとか(笑)」とかほざいてたら、何の知識もない脳筋バカの素人なので、以後、口を利かないようにしましょう。そいつの言うことを聞いても、痩せることはできません(笑)

 と、まあ、そんなわけで、筋肉が欲しい男性も、プルンプルンのお肌が欲しい女性も、タンパク質不足には気をつけましょうね。

 あ、ちなみに大豆に含まれるイソフラボンって、女性ホルモンに関係してくる物なので、スポーツやってる人でなくても、大豆プロテインでタンパク質摂ると本当に美容に良いですよ。

 「○○ タンパク質 含有量」で検索すれば、日頃食べてる食事でどれだけタンパク質が摂れてるか分かりますから、足りないようならプロテインで補給しましょう。


 以上、あなたの美と健康のサポーター・ホリボーでした。





 と、インチキダイエット食品会社のようなことを言って終わってみる(笑)





web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙





posted by ホリボー | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。