今日:  昨日:  合計:

休止中

 2017年の明けましておめでとうございますです。

 更新止まったままだけど、まだまだ生きてるよ(笑)

http://h.ten-t.net/article/407600587.html

↑ 休止の理由。

 いや、どのページを開いても、トップのこれが毎回出てくるので、検索から来てくれた人には鬱陶しすぎるかなと思って(^_^;

 昨年は微塵も進展なく終わってしまいました(^_^;

 あ、漫画雑誌の発売日はそこそこ更新してたんですよ?ただ、最近は忙しくて読む暇がないので、雑誌が貯まる一方で、発売日シリーズは削除しようと考えてたり。

 それでもまだまだやる気だけはある(笑)

 今年こそは片を付けたいなぁ…。

2017年01月06日

2014年01月20日 20:49

マクドナルドダイエット 4日目


http://h.ten-t.net/article/385342430.html
↑企画の内容・ルール


朝の測定
体重:88.6kg
体脂肪率:27.6%
ウエスト:106.0cm


マクドナルドダイエット 4日目


食した物
・ダブルクォーターパウンダー・チーズ ×1 : 828kcal
・ダイナー ハニーマスタード ×1 : 508kcal
・マックフライポテトM ×1 : 471kcal
・ヘルシア緑茶 ×1 : 0kcal


 え〜4日目です。

 新メニューはやはり押さえておきたいなと思い、夕食は「ダイナー ハニーマスタード」にしてみました。
 で、これだとダブルクォーターパウンダー・チーズより、また昨日みたいにガクッと下がるので、再び贅沢にもポテトのMを付けてみたり(^_^;

 う〜ん、それにしてもバーガーとポテトがほぼ一緒のカロリーってなぁ…。

 マックに行くと、何とな〜くセットで頼んで、副菜のつもりでポテトをモシャモシャ食べてると思いますが、はっきり言ってセットで食べると言うことは、メインディッシュを二つ摂るというのに等しいですね。まさに影のボスといった感じ(笑)

 減量前のワシは、マックに行けばダブルクォーターパウンダー・チーズのLセットで頼んでましたから、ドリンクも含めると一食で1500kcal近く摂ってることになります。

 うん、女の子なら、もうこれで一日分のカロリー摂ってるって人も多いですよね(笑)

 あ〜、でもワシが一番太った時は、一食に付きチーズバーガー3つ+雪印コーヒー1Lを朝昼食に、夜はピザーラカレーモントレーLサイズ+他つまみ+酒数リットルを摂ってたんですよ。

 チーズバーガー3つってだけで900kcal以上ですよね。
 いや、当時、ハンバーガー100円、チーズバーガー120円ってサービスが始まったばかりだったんですよ。もう15年以上前かな〜?

 この頃は一日平均、5000kcal以上摂ってましたから、ま〜3ヶ月ほどで20kg以上太りましたね(^_^;
 ちなみに信じられないと思いますが、それまでは健康診断で「痩せ気味」と評価されるほどガリッガリだったんですよ(笑)

 痩せ過ぎだからもっと食えと言われていた頃が懐かし〜(^_^;


 え〜、さて、話は変わりまして、今回ヘルシア緑茶が加わっております。
 特保で脂肪燃焼を助けるというものですが、こういう特保系やダイエット食品について言いたいことがあります。


「ダイエット効果」という言葉に騙されるな

 あ、まず今回、ヘルシア緑茶なんて飲んでいますが、別に減量中だからって飲み始めたわけではありませんよ?(^_^;
 ワシは濃いお茶が好きなので、普通のお茶飲料では満足できず、こういう特保の物は比較的濃い目なことが多いので、普段から好んで飲んでいます。

 もちろん、減量を始める前にもほぼ毎日飲んでいましたが、これを飲んだおかげで痩せたと実感したことは一度もないですね。
 むしろ、太り続けた結果が今なんですから(笑)


 よく見かける「ダイエット効果」という言葉、これって別に「飲んだら痩せる」という意味でないことを分かってない人が結構いらっしゃいます。

 前にも書きましたが、食品である以上、「食べたら(飲んだら)痩せる」なんて物はありません。
 そんなものがあるとしたら、それはもう食品ではなく「」です。

 まあ薬も元はと言えば毒を薄めて作ったようなもんですから、そういう薬はあるといえばありますが、そんなもん通販では売れませんし、下手すりゃ薬事法に引っかかります。


 「ダイエット」というのは元々は食事療法のことであり、その人の体調に合わせた食事に変える食事改善のことを言います。

 なので太ってる人が標準体重になる食事内容に変更できる、もしくは変更しやすいものなら「ダイエット効果」と呼べます。

 極論言うなら、カロリーを0にできる「水」だってダイエット効果があると言えるんですよ(笑)


 「ダイエット=減量」という定義で使う商品として、ヘルシアのように脂肪の燃焼を助けるというものもあります。

 でも、ここでまた落とし穴。
 ほんの微量でも脂肪の消費量が増えたら、「脂肪燃焼を助ける」と謳えるわけです。

 いまいちピンと来ないかもしれませんが、例えばちょいと昔の朝の番組でよくやっていた、家計のプロだか、ファイナンシャル・プランナーだかなんだかが家計を改善してくれるという特集。

 あれ、途中まで馬鹿馬鹿しいと思いながら呆れて観てませんでした?

 なんかね、テレビのコンセントをこまめに抜いて月に10円浮くだとか、そういう面倒なくせに小さい節約をいくつも重ねてようやく月に数百円、よくて千円ちょい改善される。
 で、そんな額じゃもちろん満足できないから、結局最後に持ってくるのが生命保険とか金融商品の改善で、それだけで月に数万円浮いて万々歳というのがお決まりの終わり方。

 金融商品一つを改善すれば、コンセントをこまめに抜くという面倒なことはしなくていいのにね(笑)

 赤字が万単位であるのに、数円単位の節約なんぞに頼っても仕方がないんですよ。
 これは減量にも言えることで、ヘルシアの脂肪燃焼を助ける効果みたいなのは、この数円単位の節約と同じです。
 一番の支出である金融商品、減量では逆で余分なカロリーをまず最初に減らしてしまえば、他の面倒事は必要ないんですよ。

 家計では黒字、減量ではアンダーカロリー状態にして、さらにもう少し効果を上げたいなと思ったときに、こういう補助食品が初めて役に立つわけです。

 なので、オーバーカロリーの状態でヘルシア飲んでも無駄ですから(笑)
 オーバーカロリーでも痩せるような効果のある物はすでに薬品であり、薬局でしか買えなくなります。少なくともコンビニなんぞで清涼飲料水と同じ棚に置いて売ってたりしませんよ。


 ああ、あと世の中のダイエット食品って、ほとんどインチキなので買わないようにしましょう。

 たいていのものは単なる置き換えであって、結局はカロリー制限。
 プロテインやビタミンサプリメントなんかで置き換えするならまだ良心的なんですが、なんかお菓子みたいなものや、お粥や雑炊みたいな物とかは、ま〜栄養的にも全然足りてなくて味覚だけを満足させるというものばかりです。

 とかいって、ワシも今までさんざんそういうのに頼ってきましたけどね(笑)

 その中でも最悪だったのは、なんちゃら雑炊っていう、お粥・雑炊系。

 米じゃなくてコンニャク粒を使ったものとかありますよね。

 あれだけはやめておきましょう。

 一食がマグカップ一杯にも満たないような量。
 まるで時代劇でよく出てくる、米がほとんど入っていないお湯だけのお粥みたいな、お湯の表面にだけ浮いてる量の米(コンニャク)粒。

 はっきり言ってお粥・雑炊とは名ばかりの、単なるスープです。

 で、ワシは何をそんなに毛嫌いしてるのかというと、ちょっと話は変わりますが、食べ放題に行く時の下準備ってどうすれば良いかわかります?
 だいたいの人はたくさん食べられるようにと食事を抜いていくと思うんですが、実はあれは間違いです。
 食べないと胃が休息に入ってしまうので、そこへいきなり詰め込んでも、早く満腹になって結局たくさん食べられなくなるんですよ。

 じゃあ、どうすれば良いかというと、温かいコンソメスープなどを飲んでおくというもの。
 これにより、胃腸が活性化されて食欲がわいてくるんですね。

 ここまで書いたら、もう分かりますよね?
 なんちゃら雑炊とかの自称・ダイエット食品は、このコンソメスープと同じ効果を与えてくれるわけです、迷惑なことに(^_^;
 つまり、半端な量で胃に刺激を与えるもんですから、逆にとんでもない空腹感に襲われやすくなるんですね。

 もう何年も前なんでうろ覚えですが、確か一回に使うお湯って150cc程度なんですよね。
 150ccのスープ、足りると思いますか?(^_^;

 ワシはさすがに一食分では我慢できず、2〜3食分をまとめて食べていました。

 一食だいたい30〜40kcalで、それをさも誇らしげに謳ってるんですが、もともと量が少ないんだから当たり前だろ、と(^_^;

 そんなことで誇れるんだったら、「どんなに飲んでも、すべて尿として流れます。味に癖もなくいくらでも飲める最強のダイエット食品、『水』!」っていうのも通用しちゃいますよ(笑)

 でも、カロリーを抑えて痩せることができる以上、痩せられるというのは嘘ではないですから、違法でも何でもないんですよね(^_^;

 だから、そういう言葉の使い方を巧みににして、勘違いするような広告打ってボッタくってるのがほとんどのダイエット食品。
 嘘ではないですが、ボッタクリなのには変わりないです。


 でもね、最近の広告はよく見てみると、結局はメインの食事を減らすのが一番ということが隠されてたりします。

 最近見たのは数年前から流行りだしたトウガラシ系ですかね。
 よくある代謝を上げて脂肪を燃焼しやすくするってやつ。

 動画CMだったんですが、それもよくある同じ会社で女性にモテるスマートな男とメタボで冴えない男との比較物語。
 モテ男に「どうして体型を維持できるのか?」と話を振って、商品の宣伝をさせるのはお決まりのパターンなんですが、出だしの台詞に思わず吹きました。

 「食事に気をつけたり定期的な運動もやってるけど、もう一つ、続けているものがあるんだ

 最初の食事と運動に触れた部分、そこはサラッと流す程度でいうので特別な商品と言う色眼鏡で観ている人はその後の「もう一つ」という言葉にしか耳が傾きませんが、明らかにスタイルが良いのは食事と運動が理由ですから!っていうか、それだけで充分ですから!「もう一つ」の方はいりませんから!(笑)

 上記の台詞だと後半を強調して言ってることが多いんですが、逆にしてみましょうか?

 「食事に気をつけたり定期的な運動もやってるけど、もう一つ、続けているものがあるんだ」

 本来はこれが正しい(笑)

 まあ、後で何かクレームがついたら、ここの部分を持ち出して言い分けするんだろうけどね(^_^;

 「しょせんはカロリー」ということを念頭において、こういうCMを観ると、いろいろとカラクリが見えてきて面白いですよ(笑)

 代謝を上げるったって限界がありますし、一日の消費カロリーが数十kcal増えれば良い方じゃないでしょうか?
 代謝って熱が出るわけですから、数百kcal単位とか1000kcal以上上がったりするようだと、血液が沸騰します(笑)
 死にますね、間違いなく(^_^;

 ダイエット食品じゃなくて、あくまでダイエット補助食品なんだと認識しましょう。

 で、そんな微量の消費カロリー増加で一ヵ月分数千円払うのと、普段の食事からカロリーの高いのを少しずつ抜いて食費浮かすのと、どっちが良いですか?

 減量って本来はお金がかからないものです。
 せいぜいビタミン・ミネラル系のサプリメントやプロテインを購入する分くらい。

 まあ一ヵ月分が500円で買えるような物なら飲まないよりマシですから飲んでみるのも良いですが、5千円とかましてや万単位なんて出すだけ無駄ですよ。

 太り続けているときより金がかかる減量は、方法を間違えている。

 これがワシの持論です。

 まあ、そういうダイエット食品を興味本位で利用してみたいってなら、一日一本ジュース飲んだ気になって、一ヶ月3000円ぐらいまでなら買ってみても良いんじゃないでしょうか?

 でも、その程度のダイエット効果なら、ブラックコーヒーでも飲んだ方がマシだと思うけど(^_^;



web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙





posted by ホリボー | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。