今日:  昨日:  合計:

休止中

 2017年の明けましておめでとうございますです。

 更新止まったままだけど、まだまだ生きてるよ(笑)

http://h.ten-t.net/article/407600587.html

↑ 休止の理由。

 いや、どのページを開いても、トップのこれが毎回出てくるので、検索から来てくれた人には鬱陶しすぎるかなと思って(^_^;

 昨年は微塵も進展なく終わってしまいました(^_^;

 あ、漫画雑誌の発売日はそこそこ更新してたんですよ?ただ、最近は忙しくて読む暇がないので、雑誌が貯まる一方で、発売日シリーズは削除しようと考えてたり。

 それでもまだまだやる気だけはある(笑)

 今年こそは片を付けたいなぁ…。

2017年01月06日

2014年01月30日 20:43

マクドナルドダイエット 14日目


http://h.ten-t.net/article/385342430.html
↑企画の内容・ルール


昼の測定
体重:87.0kg
体脂肪率:26.6%
ウエスト:104.5cm


マクドナルドダイエット 14日目


食した物
・ベーコンレタスバーガー : 420kcal
・ハンバーガー : 275kcal
・チキンクリスプ : 385kcal
・チーズバーガー : 324kcal
・コカコーラゼロ × 500ml : 0kcal


 14日目にしてハンバーガーも全制覇です(笑)

 さて、今日はバーガーを4つも食べてるわけですが、これでもダブルクォーターパウンダー・チーズ2個分より遙かに少ない1404kcal(^_^;
 ちょいと今日はカロリー不足気味。
 まあ、明日は週に一回のカロリーをニュートラルに戻す日、お酒を飲む日でございますから、今日くらいは別に少なすぎてもかまわんかと。

 とりあえず、明後日からは残りの期間、ニュートラルの日以外はダブルクォーターパウンダー・チーズ2個で通すと思います。
 ジャンク慣れしたこの舌には、今さらバンズにパテだけ挟んでケチャップで味付けしただけってのは、物足りなくて仕方ありません(^_^;


 さて、世にある"自称"ダイエットについて思うところを今日も一つ。

 減量を始めるとなると、食事制限に始まり、走ったり、筋トレしたり、ダンスしたりといろいろメニューに加えたがる人が多いですが、ワシはそういうのに反対です。

 人の潜在意識は変化を嫌うものなので、たった一つでも習慣を変えようとすると不快感という形で必ず抵抗してきます。
 これは「今まで生き延びてこられた方法」を維持しようとする防衛本能であり、心が弱いわけでも異常なことでもなく、脳が正しく働いている証拠です。

 少しずつ変化させて潜在意識を誤魔化すことで、ようやくその習慣が身につくものなんですが、ほとんどの人は勉強にしろ仕事にしろ夢にしろ、一気に変えようとして挫折します。

 これは上記の通り当たり前のことで、人は命の危険に晒されでもしない限り、一度に何重苦も受け入れられるほど強くはないんですよ。

 夏休みにスケジュールを立てるものの、それをちゃんと守れた人って少ないと思います。
 それは普段やっていないようなことを、体裁を気にして取り入れるから。

 そういう経験をしているくせに、何故だかダイエットとなると自分にはできると思う人が多いんだから不思議ですよね(^_^;

 そもそも太った原因は怠惰以外の何ものでもないわけで、ちょっと決心しただけで習慣をガラッと変えられる精神力があるなら、とっくの昔に何かの分野で成功者になっているわけだし、ましてや体型で悩んでいるはずもありません。

 減量も同じで、食事制限で腹が減る、普段やったことのない運動でキツイ思いする、食べたい物が食べられないストレスにさらされる、と何重苦も自分に課したりすれば、そりゃ挫折して当然ですよ。

 特に勉強を習慣にするとかと違って、エネルギーを断つわけですから、これは命の危険に晒されるわけで、「生き残ること」を至上の目的としている潜在意識にとって最も抵抗する変化です。

 その「不快感」という抵抗は半端ないものになるわけで、それを怠惰に生きてきた人間が、いくつも同時に味わって平気でいられるわけがありません。

 なので、ダイエット、特に減量の基本中の基本は、変化をなるべく少なくするという事。


 食べる物を少しずつ減らしていく、というのも地味ですが一番、理にかなっていたりします。

 今回、マックメニューという外食だけで済ますというやり方も、一応その辺を考えてのことです。

 というのも、ワシみたいに一人暮らしで太ってる人というのは、おそらくまともな自炊ってしてないと思うんですよ。

 で、減量において一番の面倒は、その自炊を行う必要が出てくることだと思います。
 普段、料理をしない人間が、毎食それをして弁当まで作って持っていくなんてのは、運動と同等以上の労力だったりします(笑)

 買ってくればすぐに食べられるのに、自炊するとなると料理に使う時間で一回30分、ワシの場合は二食ですから日に1時間の時間を割く必要があります。
 その1時間を別のことに使いたいと思ってしまうんですねぇ(^_^;

 それをグッと堪えて遊びたいのを我慢して料理するわけですが、栄養価を考えて食材を選び、メニューを考えて二品三品と用意する。
 ここまでの過程だけで、何重苦があったでしょうか?
 こちとらそういうのが億劫で、適当なものをホイホイ口に放り込んでたからデブになったんだよ、と(笑)

 ダイエットメニューとしてブログに公開している方がいらっしゃいますが、よくもまあ毎食、二品も三品も作れるなと感心しながら見てますよ。
 ワシにとっては毎食数種類、用意できるだけでその人が超人に思えてきますね(笑)

 で、この自炊の面倒さも重なって、だいたいの人は失敗するわけですが、外食+サプリメントはこの辺を解消してくれるというわけです。

 ワシがマクドナルドを選んだ理由がジャンクフードだからってこと以外にもう一つあって、それは「作る人の裁量が入り込まない」こと。

 マクドナルドはチェーン店ですから、誰が作っても同じ味、同じ分量になるように、バンズやパテは予め工場とかで作って送られてきたものを調理するだけです。

 なので、サイトに書いてあるカロリーなどの栄養価がほぼ正確のはずで、計算に誤差が出にくいから減量に使いやすいという考えで選びました。

 これが大衆食堂みたいに個人が経営する定食屋とかだと、その時その時で栄養価も変わってくるだろうし、減量に使うからと毎日通っているうちに常連扱いされて「サービスで大盛りにしといたよ」とかあると困りますからね(笑)

 先日も書いたとおり、油なんて大さじ一杯違うだけで100kcal以上変わってくるんですから、個人裁量の誤差も侮れません。

 だから、減量用の食事として使いたいなら、完全な自炊か、分量が完璧に決められているチェーン店の外食かとなります。

 まあ、常に大目にカロリーを見積もるようにしておけば、目測である程度、決め手もいいんですけどね。
 その分、食べられるものも減りますし、減量中の人には厳しいかと(^_^;

 まあ、そんなわけで、マクドナルドダイエットのメリットは、栄養価の計算しやすさもあるので、ワシみたいなズボラなデブには最適というのが一番ですね(笑)

 奥さんに料理を任せている人で、体型を維持できている人、感謝しないとダメですよ?
 ワシは基本的に料理を作ってくれる人に逆らってはいけないと思っています。
 年収が1000万だろうと1億だろうと、その紙切れを料理に変えて出してくれるのはその人です。
 誰のおかげで食えてる思ってるんだ!?とか言いますが、実際、紙切れを料理に変えて食わせてくれてるのはその人です。

 外食にすれば良い?
 ノンノン♪

 外食産業は我々がデブになろうが知ったこっちゃないので、サプリメント無しでは到底成り立たないようなものばかりで、それで必要な栄養素を確保しようと思うと、普通に食事するときの数倍のカロリーになると思いますよ?

 店の入口にセンサー付けて、その日食べたカロリーと肥満度を計測して、提供できるものだけメニューに表示するというシステムなら客のことを考えてると言えますが、まあそんな店はないし、そんなことしたら外食産業が潰れますから(^_^;

 料理を作ってくれる人もいない、外食しか頼れない我々のような人間は、サプリメント片手にカロリーと栄養をしっかり計算して身を守りましょう(笑)



web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙





posted by ホリボー | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。