今日:  昨日:  合計:

休止中

 2017年の明けましておめでとうございますです。

 更新止まったままだけど、まだまだ生きてるよ(笑)

http://h.ten-t.net/article/407600587.html

↑ 休止の理由。

 いや、どのページを開いても、トップのこれが毎回出てくるので、検索から来てくれた人には鬱陶しすぎるかなと思って(^_^;

 昨年は微塵も進展なく終わってしまいました(^_^;

 あ、漫画雑誌の発売日はそこそこ更新してたんですよ?ただ、最近は忙しくて読む暇がないので、雑誌が貯まる一方で、発売日シリーズは削除しようと考えてたり。

 それでもまだまだやる気だけはある(笑)

 今年こそは片を付けたいなぁ…。

2017年01月06日

2014年03月31日 23:41

古味先生の短篇集が発売されるらしい。ってすっかり見逃していた(^_^;

カテゴリ:漫画



 4月4日だそうです(^_^;

 今週じゃん!(笑)

 いやね、ワシ、四誌全部が読み切れてなくて、数週分溜まってる状態なんですよ。

 ワンピースだけ読んで、戻って前の号を読んでるって状態。
 18号が発売された今日の時点で、未だ15号の途中までしか読めていません(^_^;

 で、ふとニセコイの前のページに目をやると、古味先生の短編集が発売されるとか。

 全っ然、知らんかった(^_^;

 コミックの発売日ブログのために、Amazonで検索はしてるんですけどね〜。
 やっぱ、タイトルじゃなくて著者で検索したほうが良いのかな〜?
 でもベテラン作家だと余計な作品まで出てくるんですよね。今のAmazonって検索結果が分かりにくいし(^_^;

 とりあえず、あと4日ですが今から予約しておきたいと思います。

 あ、読みきりバージョンの「ニセコイ」も収録されてるみたいですぞ?
 って、他の人は新しいジャンプ読んでるんだから知ってるか(^_^;


 ところで、なんかもう一つ恋愛モノが始まってますね。

 「i・ショウジョ

 正直、恋愛モノってあんまり読まないんですが、この漫画は絵が気に入りましたね。

 ジャンプで恋愛モノっていうと、少年漫画には似つかわしくない綺麗過ぎる絵柄で半端なサービスカットだらけのくだらないものばかりなんですが、こういう「漫画っぽい」絵柄は大好きなんですよ。

 こういう絵柄で恋愛モノって珍しいですよねぇ。

 で、読んでみるとキャラの表情も面白いし、いや、もう作品自体が面白いです。
 ちょっとオカルトちっくなところも、いい感じ。

 恋が叶う魔法のアプリか〜。
 ワシも欲しいのう。
 でも、相手がおらんのう(笑)

 プログラミング勉強して、こういうアプリを開発できたらビル・ゲイツ超えられる?
 あ、ノーベル平和賞ぐらいもらえるかもしれん(笑)

 とりあえず、ジャンプ全部読んでたら進まないから、ワンピースに加えてこの漫画だけ読んでみようかな?

 あ、期間限定で第一話が読めますよ。


『マンガオンライン』
http://www.jumpbookstore.jp/ext/mangaonline/index.html


web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙





posted by ホリボー | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年03月31日 14:16

夜もあるよ「笑っていいとも!」

カテゴリ:雑記

 最終回も無事終わったみたいですね。
 ワシは録画してるので、まだ観てませんが(^_^;

 ところで、これで完全終了ではなく、実は今晩20時からもう一回だけ、「グランドフィナーレ 感謝の超特大号」の名目でやるそうです。
 日曜にやってた特大号の最終回みたいなものなのかな?

 昼の最終回だけ録画して一安心してる方、見逃さないようにお気をつけて(笑)


web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙





posted by ホリボー | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年03月30日 22:54

明日が「笑っていいとも!」の最終回だよ。そして傘買いました。

カテゴリ:雑記

 「森田一義アワー 笑っていいとも!」と最後ぐらい正式名で書いときましょうか。

 明日、3月31日が最終回ということで、32年の歴史に幕を閉じます。

 ワシはこの番組自体、それほど面白いとは思わなかったので観ていませんでしたが、テレフォンショッキングにガチャピンとか安部首相とか、珍しい人が出るときはたまに録画していました。
 まあ、明日は最終回ということですからね。もちろん、最後ぐらいは録画して観てみようと思います。


 さて、新しい傘、買いました。

 傘なくしたことは前の記事に書きましたが、結局見つからず。

 仕方ないので、自宅から少し離れたところにあるドンキに安い傘買いに行きました。

折り畳み傘 951円


 951円の折り畳み傘。
 あ、ドンキって税抜き価格で表示されるようになったみたいですね。
 なので、税込み998円の傘になります。もちろん、今はまだ消費税も5%(笑)

 9百円台の折り畳み傘なんて2年ぶりですよ(^_^;

 そう、無くした傘の前は、ずっとこんな安物傘でしたからねぇ。

 さあ、以前の傘と比較するが良いさ(笑)

 前のは3千円ちょっと出して買いましたから、実に3分の1ですよ(^_^;
 いや〜、生地とかえらい安っぽい…。

 まあでも、無くしてしまうワシには、これくらいの傘がちょうど良いんだよ、きっとorz

 これならコンビニに行った時も、外の傘置きとかに放り投げておけますしね〜。
 前の傘はワシにとっては高くて良い傘という位置付けだったので、盗まれるのが怖くていちいち綺麗に畳んで、手に持って店に入ってましたからね。
 これなら盗まれても悔しくない(^_^;


 でもね、これ、安物とは行っても、なかなか良いんですよ。

折り畳み傘 三段折


 三段階に折れるやつ。

 普通の折り畳み傘って、上の方に二つ折りするタイプが多いですよね。
 あれって結構面倒で、一本一本ポキポキ折っていかないといけないじゃないですか?
 でも、この三段折のタイプは、傘を閉じれば自然に折れるので、その手間がいりません。

 自動開閉式の傘ぐらいしか採用してないのかと思ってましたが、安い傘も進化してるんですね〜。

 しかもえらく軽いですよ。強度大丈夫か?これ(^_^;
 でも、一応、骨は8本あるんで頑丈そうではあるんですけどね。

折り畳み傘 骨8本


 前のは親骨が54cmなのに対して、今回買ったのは60cmなので、広げてみると前のより大きいですね。

 三段折だし大きめだし、これで9百円台なら、かなり良いかな。
 一昔前なら、たぶんこれで2000〜3000円ぐらいしたんじゃないでしょうか?

折り畳み傘 ボタン


 止め金のボタンの部分です。ちょっとピントが合ってくれませんでしたが(^_^;

 最近の折り畳み傘は、こういうところも気を使ってるんですね。
 以前は金属の止め金を直接押してましたもんね。確かにあれは下手すると引っ掛けて怪我しますから、危ないっちゃ危ない。

 あれ?
 もしかして、結構いい買い物した?(^_^;

 安物傘でここまで満足できるとは思わなかったな〜。

 まあ、あとは撥水性がどれくらい保つかですね。
 安いやつは、だいたい数ヶ月も使えば染みてきて雨漏りするようになりますから(^_^;

 さて、次の雨の日が楽しみだ。
 今日は使いませんでしたが、明日も雨が降るのかな〜?


web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙





posted by ホリボー | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年03月29日 22:48

「Google日本語入力」 ATOKがいい加減、限界っぽいので

カテゴリ:雑記



 結論から申し上げます。

 なんて、偉そうに会議とかで言ってみたいですね。
 何かを発表するような仕事はしてませんが(笑)

 さて、まあタイトルにある通り、文字入力ソフトを「Google日本語入力」に換えたって話です。

 ちなみに文字入力ソフトを「IME」と言いますよね。
 これ、「Input Method Editor(インプット メソッド エディタ)」の略。

 「Microsoft IME」なんてものが最初からWindowsに入ってるもんですから、IMEってマイクロソフトのアプリケーションだと勘違いしている人がたまにいたりします。まあ、ワシもそうだったんですが(笑)


 そのIME、ワシはもう10年以上「ATOK」を使ってきたんですけどね。
 変換の正確さとか、タスクトレイにアイコンを置けるとか、「Microsoft IME」よりはるかに優秀で使いやすかったので、新バージョンが出るたびに買い替えていました。

 「使いやすかった」と過去形になっていますが、それが実は2010バージョンからだったかな?
 なんか、変換がおかしくなってきたんですよ。

 変なところで区切ってきたり、ひどいのは特にカタカナで、文章の特定の単語だけカタカナに変換されるはずが、まったく候補がないか文章全部をカタカナにするかの2つしか選択肢がなかったり。
 変な風に学習してしまったのかと、辞書をリセットしてみても同じ。

 次のバージョンでは改善されると信じて今までバージョンアップしてきましたが、まったく改善されませんでした(^_^;

 ATOKって律儀にほぼ毎年、新バージョンを発売するんで、買い替えが結構キツイんですよね。ワシは広辞苑とかプレミアム辞書がついた上のバージョンを買うので負担も大きくて(^_^;
 それなのにワシが臨む部分は全然改善されないとなると、いい加減買うのが嫌になってきましてね。

 去年は出なかったのかな、確か。
 先月辺りに2014バージョンが出ましたが、これはもう買ってません。

 で、今使ってるバージョンで良いやと思ってたんですが、なんかジャストシステムのアップデートのお知らせがウザくてね(^_^;
 「ATOK Syncc」ってソフトがオマケでついてくるんですが、これはパソコンじゃなくてネット上に単語の辞書を置いて、ネットさえつながるなら複数のパソコンで共有できるってサービスだったと思います。
 ワシはネットにそういう自分の情報を置くのは嫌いなので入れてないんですよ。

 でも、なんか知らんですが、自動アップデートソフトがこのソフトの新バージョンがあるとか度々ポップアップさせてくるんですね。
 これが正直、鬱陶しい(^_^;

 なんでソフトごとに自動確認を切れないのかが不思議。

 まあ、そういうのも相まって、もういい加減、削除しちゃおうかなと思うようになりました。
 でも、これ以上に便利なIMEも知りませんしね〜。

 ウィルス対策ソフトもフリーソフトでいいのが出てる時代ですから、もしかしたらIMEもフリーでいいのがあるんじゃない?と都合よく考えて探してみると、なんと天下のGoogle先生が出していたというお話でした(笑)

 そういえばそんな話あったな〜、と。
 でも、確かあまり評判が良くなくて、いまいちパッとしなかったような気がします。

 まあ、念のため今はどうなのかとググってみると、なんと今は結構優秀になってるようで、大変使いやすいとのこと。

 じゃあ入れてみるかと、使い始めたわけですね。

 で、使った感想ですが・・・


 ホントに使いやすい(^_^;


 あ〜、驚いたな〜。
 昔のATOKみたい(笑)

 まだ学習の途中なのでたまにおかしな変換する時もありますが、一度正しく変換させてしまえば、ばっちり覚えてくれます。

 何が良いって、検索エンジンを運営している強みで、ネット上にある流行語とか最近出てきた言葉とかのデータが定期的にもらえるみたいで、こんな単語まで?というものもちゃんと変換できたりするんですよ。
 結構、マニアックに使えるから面白い(^_^;


↓日本語モードON↓
Google 日本語モードON


↓日本語モードOFF↓
Google 日本語モードOFF


 こんな感じで文字を入力すときになると、わかりやすく今のモードを表示してくれますしね。
 まあ、たまにこの吹き出しがでかすぎて鬱陶しいこともありますが(^_^;

 とりあえず、今まで律儀に金かけて毎年ATOKをバージョンアップしてきたのがバカバカしくなるほど優秀(笑)

 唯一の欠点は、ワシにとってはですが、タスクトレイにアイコンを置けないことですかね〜。
 言語バーを使うしかないんですよ。

 ワシはこの言語バーが大嫌いでしてね(^_^;
 邪魔なんで、ATOKの時は言語バーを消してたので、タスクトレイのアイコンは重宝してました。

 まあ、でもタスクバーに収納すれば、それなりに小さくはなってくれるから良いかな?
 フリーソフトでアイコンに収納できるものがあるそうなんですが、このためだけに余計なソフトは入れたくない(^_^;

 あ、そうそう、なるべく小さくタスクバーに表示させるには、ちょっと言語バーの設定をいじった方が良いですね。

言語バーをタスクバーに 普通


 こんな感じで、少しサイズが大きい気がしますよね?
 右側の「CAPS」とかの文字が邪魔なんですよ。

 ちなみに「入力モード」や「ツール」などのアイコンは消せますが、真ん中にある青丸みたいなアイコンは消せません。最小でも、このアイコンだけは残ります。
 これってIMEの選択アイコンです。

 さて、右側の文字を消したいわけですが、言語バーの設定画面に飛びます。

言語バー設定


 画像にある「言語バーアイコンをタスクバーで表示する」のチェックを外せば、文字が消えます。

言語バーをタスクバーに 最小


 無くなってアイコンだけになりました。


単語登録を簡単にしたい

 さて、タスクトレイアイコンを使えなくなって、困ったことが一つ出てきました。

 単語登録がやりにくい(^_^;

 ワシはATOKのタスクトレイアイコン右クリックメニューから単語登録画面を出していたので、それがなくなったせいでショートカットを使わないといけなくなりました。

 ショートカットは忘れちゃうので、あんまり使いたくないんですけどね(^_^;
 まあ、仕方ないので覚えましたよ。

 ATOKの場合は「Ctrl + F7」
 キーの設定は、「ATOK」「MS−IME」「ことえり」から選べますから、自分が今まで使ってたのに設定してしまえば違和感なく使うことができます。

 ただ、ワシ、仕事で使うパソコンにもGoogle日本語入力を入れたんですが、そちらは慣れておきたいというのもあって、「MS−IME」にしてるんですよね。

 「MS−IME」の単語登録画面を出すショートカットは「Ctrl + F10」のはずですが、これがなぜか出ない。
 ググってみると、なんか仕様っぽいです。

 で、自分でショートカットを作る必要があるので、その方法をば。

テキストサービスと入力言語


 コントロールパネルからでもGoogle日本語入力の「設定」ボタンからでも良いですが、「テキストサービスと入力言語」の画面を開きます。

 まだATOKは入ったままです(笑)

 「Google日本語入力」をダブルクリックか、選択して「プロパティ」

Google日本語入力 プロパティ


 Google日本語入力のプロパティ画面が開きます。

 下の方にある「キーの設定」という項目で、自分の好きなIMEのものを選べます。
 これをATOKにすれば、単語登録もそのままATOKのショートカットを使えるんですが、なんでMS−IMEだけダメなんでしょうねぇ?(^_^;

 言ってても仕方ないので、「編集」ボタンをクリック。

Google日本語入力 キー設定


 キー設定の画面。
 ここで新しいショートカットを登録していきます。

Google日本語入力 キー設定 編集


 左下の「編集」ボタンをクリックすると項目が出てきますから、「エントリーを追加」を選びます。

Google日本語入力 キー設定 新しいキー


 すると一番下の段に新しい行が追加されます。

 項目は3つあるので、とりあえず一番左のから。

 これはどういう状況下で使えるショートカットかという設定ですが、返還中とか特殊な状況ではないので「入力文字なし」を選びます。

 次は2つ目。真ん中ですね。

 二回クリックすると入力欄が出てきます。

Google日本語入力 キー設定 ショートカット


 ここでどのショートカットに割り当てるかを決めます。
 「Ctrl F7」とか打つの面倒だと思った方、ご安心を。

 ここでは文字を直接打ち込むのではなく、押したキーが自動で入力されます。
 なので、キーボードの「Ctrl」キーと「F7」キーを押せば、自動で画像のように入力されます。

Google日本語入力 キー設定 動作


 さて最後、一番右側。
 ここでどういう動作かを選びます。

 まんま「単語登録を起動」を選びます。

Google日本語入力 ショートカット追加完了


 はい、できあがり。
 一番下のやつね。

 あとはメモ帳とかブラウザのURL欄とか、文字を打てるところにカーソルを合わせて、入力モードを日本語入力の状態にしておけば、このショートカットで単語登録画面が開きます。

 どこにもカーソルを置いてない時や、日本語入力モードがOFFの時には動かないから注意してくださいね(^_^;


他のIMEで使ってた登録単語データを取り込む

 MS−IMEから単語データを引き継いてくれるみたいなんですけどね。ATOKのは自動でやってくれないみたいで(^_^;

 なので、MS−IME以外のデータをインポートする方法。

 各IMEのエクスポート方法は、ググってみてね(^_^;

Google日本語入力 辞書


 Google日本語入力のプロパティ画面。
 「辞書」タブ → 「ユーザー辞書」 → 「ユーザー辞書の編集...」

Google日本語入力 辞書ツール


 辞書ツール画面で「管理」メニューをクリック。

 あらかじめ辞書が作られていますが、そこに加えるなら「選択した辞書にインポート」、新しく辞書を作るなら「新規辞書にインポート」を選びます。

 まあ、新しく作る必要もないでしょうから、「選択した辞書にインポート」で良いかと。

Google日本語入力 辞書インポート


 ここでエクスポートしてきたデータを選択します。

 データの種類は自動判別できるみたいですが、念のためワシは選んでおきました(^_^;

 扱えるのは、「MS−IME」「ATOK」「ことえり」の3つ。


 さて、インポートで一つ注意があるんですが、「名詞」などの品詞、Google日本語入力にない名前のものはすべて「名詞」として登録されてしまいます。

 例えば、ATOKでは「単漢字」というのがあるんですが、Google日本語入力にはありません。
 おそらく「独立語」というのがそれに当たると思うんですが、ここは自動で書き換えてくれないんですよね(^_^;

 インポートした後に手直しすると、単語一つ一つ変えていかないといけなくて面倒なので、取り込む前のデータを書き換えた方が良いでしょう。

 たぶん、テキストデータで出力されてるはずなので、置換を使えば一発です。



 さて、この記事書いてる間にも、いろいろと学習してくれましたぞ(笑)

 変換前の候補に上がってくる単語や文章も、やっぱり検索エンジンのデータがベースなためか、ATOKより頭いいですし気が利いたものが多いですね。

 最近のGoogle先生は、Google+にしろ、YouTubeとのアカウント統合にしろ、なんかユーザーの気持ちを無視したことばかりやっていますが、このGoogle日本語入力はかなり良い感じですね。

 まあ、基本的にGoogleって天才が集まってるような会社なんで、本気になればこれぐらいやってくれるはずなんですけどね。
 他のサービスも同じようにもっとシンプルにしてくれればいいのに(^_^;

 一つ心配事があるとすれば、なんか余計なデータを抜かれないか?なんですが、まあ、そんなもん有料・無料関係なく、やろうと思えばどこでもやれますしね。気にしても仕方ありません。

 少なくとも「ATOK Sync」みたいに完全に預けてしまうよりは安心できるんじゃないかと。

 とりあえず、毎年かかっていたコストが無くなって良かった〜。


web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙





posted by ホリボー | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年03月28日 20:03

範馬勇次郎よりゴルゴ13の方が強いと思う

カテゴリ:雑記

 今さら週刊少年チャンピオンがらみかよと思うかもしれませんが、最近は発売日のうちに読めないことも多くてね(^_^;

 え〜、「刃牙道」が始まったわけですが、ワシはまだこの漫画が第一期の10巻ぐらいまでしか出てない時からの読者ですから、もう20年以上は経つのかなぁ?

 その中でどうしても納得出来ない、これだけはこの漫画の失敗だったという、汚点とも言えるものが一つだけあるんですよね。

 700kg級の熊を殴り殺したり、刃牙が命からがら勝てたような相手を瞬殺してみせたり、挙句の果てに雷に打たれても平気という無茶苦茶な最強ぶりなんですが、一度だけ屈したことがありましたよね。

 トーナメントでの天内戦後に乱入してきた勇次郎をですが、そう麻酔銃で仕留めたんですよ。

 ワシはもうこれ、この漫画最大の失敗だと思っています。

 だって自然現象でも倒せないどころか、アメリカが国ごと屈するような男がですよ?麻酔銃って…(^_^;

 地下闘技場で麻酔銃が出るとは思わなくて油断してたとか言ってましたが、はっきり言って銃弾が飛び交いゲリラにも襲われるような戦場を一人で駆け抜けた人間の台詞じゃないですよね。
 しかも、常住坐臥すべてを戦いに備えるというのが、この漫画のキャッチフレーズみたいなもんなのに「油断してた」って(^_^;

 勇次郎ぐらいの最強ぶりなら、何百メートルから狙われていても、殺気に気づいたとか何とかで返り討ちにしても不思議じゃないのに、わずか数十メートルぐらいの距離で気づけないとか…。

 だったら衛生で監視とか必要ないですよね。
 プロのスパイとかで尾行すればいいという話になりますよ。

 ドラゴンボールとかのキャラぐらいしか勇次郎に勝てそうになさそうでしたが、はっきり言って普通の人間でもゴルゴ13になら殺せそうですよね(笑)

 数十メートルどころか、400メートルぐらい離れた距離からも狙撃できる人ですから、勇次郎に気づかれるはずがないです。
 しかも、多少の障害物があったり、船に乗ってて揺れてたりでも確実に眉間やこめかみを撃ち抜けるほどの技術。

 現代で格闘技やってる人の葛藤の一つに、銃があるんですよ。

 どんなに身体を鍛えても、どんなに殴り合いで最強と呼ばれても、銃弾一発で殺されるから鍛えても仕方がないんじゃないか?というもの。

 まあ、この漫画のキャラは拳銃や機関銃程度ではやられませんけどね。構えて撃つまでに、ぶち殺されますから。

 でも、狙撃に関しては、この体たらくですよ。
 格闘技が最も苦手とする飛び道具には、どんな最強格闘家でも屈してしまうというのを証明したようなもので、実はワシとしてはあれ以来、少ししらけ気味でこの漫画を読んでました(^_^;

 最後の方の脳が鬼の顔の形してるとか、雷に打たれても平気とか、なんか麻酔銃の汚名をなんとか返上しようと必死になってるように見えてね…。


 で、今回、宮本武蔵が出ましたが、やっぱり今さら剣士が出てきてどうすんの?って感じですね。
 どうせなら蜂須賀小六でも復活させて、鉄砲隊vs格闘技とかやればいいのに(笑)
 あ、蜂須賀小六で良いんでしたっけ?八咫烏の。

 なんだろ、最初から鉄砲はあれなんで、まずは刀から入って次第に強い武器使いが出てくるようになるのかな?(^_^;


 まあ、それは良いとして、今回この記事で言いたいのは、素手での対決では最強の勇次郎も、道具を持った人間には勝てない動物と同じということ。

 人は狙撃銃を持って、初めて勇次郎と対等に戦えるのだ(笑)


web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙





posted by ホリボー | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする