今日:  昨日:  合計:

休止中

 2017年の明けましておめでとうございますです。

 更新止まったままだけど、まだまだ生きてるよ(笑)

http://h.ten-t.net/article/407600587.html

↑ 休止の理由。

 いや、どのページを開いても、トップのこれが毎回出てくるので、検索から来てくれた人には鬱陶しすぎるかなと思って(^_^;

 昨年は微塵も進展なく終わってしまいました(^_^;

 あ、漫画雑誌の発売日はそこそこ更新してたんですよ?ただ、最近は忙しくて読む暇がないので、雑誌が貯まる一方で、発売日シリーズは削除しようと考えてたり。

 それでもまだまだやる気だけはある(笑)

 今年こそは片を付けたいなぁ…。

2017年01月06日

2014年04月05日 23:07

マイボール持ってくる奴が嫌い

カテゴリ:雑記

 もうボーリングなんて10年以上やってないですけどね。

 まあ、今は友達がいないので仕方ないですが(笑)、遊び友達がいたときもボーリングを目的で集まることはありませんでしたね。

 いや、別の遊びで集まった時に、時間が余って「じゃあ、ボーリングでもする?」というのは良いんですよ。

 「ボーリング大会」と称して集まるのが嫌なんです。

 もう分かると思いますが、ボーリングを名目にして集まると、必ずマイボールにマイシューズを持ってくる奴がいるんですよね。

 ワシはこういう奴が、大嫌いなんですよ(^_^;

 みんなでワイワイやるのが目的なのに、何、一人だけマジになっちゃってんの?って感じで。

 まあ、たいていボーリング大会をやりたがるのは、こういう奴なんですけどね。

 で、そのくせ商品とか賞金とか出すことになってるからタチが悪い。
 何?自分アピールしたい上に、賞金まで持っていこうっての?(^_^;

 ボーリングを趣味にしてる人同士が集まるなら、別にいいんですよ。
 ガーターとか出しまくるような人が付き合いで来てるようなもんでさ、練習してきた奴が道具まで揃えて本気で勝ちに来るってのはどうなの?って話。

 たいていハンデをつけますが、マイボール・マイシューズで自分に最適化したものなわけで、それを使う時点でみんなより有利なわけでしょ?

 丸腰の素人相手に熟練者が武器を持って挑むようなもんですよ?(^_^;

 普通、逆でしょ?
 素人が熟練者に勝つために道具を使うもんでしょ?

 ハンデだってなら、そういうマイボールとか使わないで、その場にあるものを使うことこそが、まずは最初でしょ?

 射撃の名人が機関銃を持って、本当は1000発撃てるけど、ハンデで100発だけにしてやるよ、とか言ってきても、ありがたくも何ともないわな〜(^_^;

 ピンを外したり、ガーターになった時に「やっちまったぜ!(笑)」とはしゃぎたいのに、隣で真顔になって勝ちにこられてもなぁ…。
 記録出したいだけだったら一人で行けよ、と。

 というわけで、ボーリングに限らず、素人同士が集まって遊ぼうという席に、マイ道具持ってくる奴が嫌いです。

 ワシの場合は単なる友達関係だったので、嫌なら断れば良いだけだったんですけどね。
 これが上司のお誘いとなると悲惨ですよね。

 ワシはそういう目にあったことないですが、知り合いの上司が、まあそういう人で、月に一回部下を集めてボーリング大会を開いてるんだそうです。
 で、マイボールにマイシューズ(笑)

 もう、ほとんど一人勝ちでつまらんとか。
 ただ、途中からその人もあまりに負けるのが悔しくて、本気になりだし、自分もマイボール買ったらしいですけどね(笑)

 ワシの世代は違いますが、一回りぐらい上はボーリング世代だそうで、結構好きな人が多いそうなんですよ。
 だから、ちょうど我々の直属上司に当たる人が、ボーリング好きという場合が多いようですね。

 ワシなんか、ボーリング場自体、成人するまで見たことなかったですよ(笑)
 田舎でしたしね(^_^;

 まあ、上司の接待としてなら本気で練習して、「あなたのおかげで上達しました」と上司に言ってやれば目をかけてもらえるかもしれませんけどね。
 遊びで集まってるのに、マイボールはやっぱりいただけないです。

 かといって、マイボール持ってきた奴にマジギレしても頭のおかしい人と見られてしまいますから、まあ、そういう人とは最初から付き合わないのが一番。

 正直、ワシはボーリング世代とは友だちになれないなぁ…(笑)




web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙





posted by ホリボー | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。