今日:  昨日:  合計:

休止中

 2017年の明けましておめでとうございますです。

 更新止まったままだけど、まだまだ生きてるよ(笑)

http://h.ten-t.net/article/407600587.html

↑ 休止の理由。

 いや、どのページを開いても、トップのこれが毎回出てくるので、検索から来てくれた人には鬱陶しすぎるかなと思って(^_^;

 昨年は微塵も進展なく終わってしまいました(^_^;

 あ、漫画雑誌の発売日はそこそこ更新してたんですよ?ただ、最近は忙しくて読む暇がないので、雑誌が貯まる一方で、発売日シリーズは削除しようと考えてたり。

 それでもまだまだやる気だけはある(笑)

 今年こそは片を付けたいなぁ…。

2017年01月06日

2014年07月02日 22:01

体力が衰える一番の原因は老化より食事内容や怠惰だと思う

カテゴリ:雑記

 年を取ると粗食で充分だとか言われてますよね。
 でもワシは、この考え方が体力の衰えを加速させてるんじゃないかなと思うわけです。

 食事量が少なくて済むというのはある程度あってるんですが、たぶんそういうことを理解してないアホが「粗食」という珍しい言葉を聞いて、同じく意味も分からず使ってみたかったって感じで言っちゃったことなんでしょうね。

 現代人ってのは、不思議と食事を何のためにするか忘れてる人が多いんですよね(^_^;
 たぶん、味覚を満足させるための嗜好品と勘違いしてるんじゃ内でしょうか。生きるためと言うより娯楽に近い。

 食事というのは、日々壊れ続けてる身体を補修するための材料を運ぶのが目的です。
 家に例えるなら、常に老朽化が進んでいるので、古いところは壊してリフォームし続ける必要があり、そのための資材をそこへ運搬しているという形。

 カロリーなどのエネルギーは、大工さんとか、そういう人たちに払う給料にあたりますかね。

 で、現代人の食事は、余計な材料を送り込む割には肝心な材料は送らないとか、そんな感じ。
 木材は送っても釘は送らないとか。その割に大工さんの数や給料を増やし続けるだとか(笑)

 どんな優秀な業者だって、材料が足りなければいびつな形でしか作れませんし、基本使い切ることが義務づけられてる人体だと無駄に増築してしまうので、まあこれが肥満ということになります。

 材料が足りないと、例えばドアが壊れてるから直さないといけないんだけど、材料がないから壁を壊してそれを材料にしてドアを作るなんておかしなことを始めたりします。
 そんなことしてりゃ身体壊すのは当然でして(^_^;

 ダイエットで断食するアホがいますが、それって給料払わないけど働けと言ってるようなもので、材料も足りない上に給料未払いで働けなんて言われても、まともな仕事なんて期待できませんよね。

 で、栄養を理解してない奴ってのはそういうどこかが過剰でどこかが不足してるような食事をしているわけで、そんな食事内容のまま量を減らしたら、足りないところは余計足りなくなって身体壊すのは当たり前。

 「食事量が少なくて済むというのはある程度あってる」と最初の方に書きましたが、「ある程度あってる」としたのは、これが理由。

 この言い方も語弊があって、細かく言うとカロリーを減らすということなんですよ。
 使い切りが原則の人体である以上、エネルギーとして使い切れないものは脂肪という形で余計な増築に回すわけで、体型が変わったり血管詰まらせたりするわけです。

 マクドナルドダイエットの記事の中でも何度か書きましたが、タンパク質、脂質、糖質、ビタミン、ミネラルの五大栄養素は家で言う資材にあたり、これの一日に必要な分は摂る必要があります。その上でカロリーを減らせと言うこと。

 で、老化についてですが、現代ってのはなんだかんだと平和でしてね。
 ほとんど動かなくて良いんですよ。

 確かに老化によっての体力低下ってあるんですが、それって少しずつであって、40歳50歳で20代の頃の半分以下になるってことはないと思うんですね。

 でも若干落ちた体力から感じるしんどさで、まあ怠けちゃうんでしょうね。
 人ってだんだんと動こうとしなくなりますよね(^_^;

 で、筋肉というのは普段の生活強度に合わせた筋力を維持しようとするもので、同じ強度ならその筋力が衰えるのも老化の部分だけですが、動かなければ老化よりももっと著しく減っていきます。

 でも、カロリーだけはいっちょ前に摂るから、筋肉じゃなくて脂肪が増える。
 脂肪が増えてもサボってるせいで筋力が低下し、体重を支えられない。
 だからしんどくてもっと動かなくなる。
 そこに老化でさらに筋力が低下する。
 でも、カロリーだけはいっちょ前に・・・

 歳取るとこの繰り返しだから、体力が著しく低下したように感じてるだけ。

 現にジジイやババアになっても元気が有り余って動き回ってる人はいますよね。
 こういう人って最適な食事に加えて、普段から鍛えてるか、まあ生活パターンが自然と鍛えるようになっているかなんでしょうね。

 身体鍛えてても、食事量が少なすぎて栄養が足りないなら、もちろん筋力も衰えます。

 現代人って、脂質や糖質なんかは過剰気味だったりしますが、タンパク質やビタミンは慢性的に不足していることが多いです。

 タンパク質は筋肉の材料になりますが、普通の人で毎日、体重の1/1000g必要。
 体重60kgなら60gは一日に最低限摂らないといけないということです。

 タンパク質の含有量は肉でだいたい20%ほど。
 100gなら20g前後というところですね。
 つまり、一日に肉だけで300g食わないといけないということ。しかも毎日ね(笑)

 納豆で16%ほど。
 1パック50gぐらいですから、一日に約7パック半ほど食わないといけません(笑)

 豆腐で6%ほど。
 一日に1kg食わないといけません(笑)
 まあ、市販されてる1パックで350gほどあるはずですから、あれを毎食食えば良いのかな。

 消化って一番体力を使うんですよ。
 だから体力の低下とともに食欲も減っていきます。
 その状態で上記のような食事を毎日摂れる人なんて、そうそういないと思います。

 この慢性的な栄養不足の状態で、身体鍛えるのもサボるわけだから、そりゃ老化以上に体力は減っていきますよね。

 20代なのに体力年齢が老人とかいう人は、これが原因。

 ワシなんか十代の頃からジジイみたいな体力でしたから、今さら著しい体力の低下は感じませんね(笑)

 歳取って衰えるもので気にするのは体力ではなく食欲の方だと思って、栄養はしっかり摂るようにしておきましょう。
 食事だけだと無理があると思うので、プロテインや総合サプリなどを併用してうまくね。

 ダイエットサプリとかゴミみたいなもんに金かけるより、基本の栄養を補うサプリに金かけましょう。


 あ、タンパク質は皮膚の材料でもあり、皮膚は髪の毛の元になる物です。
 つまり、タンパク質不足は禿げにもつながるので、歳を取ったら特に気を遣いたいですね(笑)

 禿げについては男だけじゃなく、女の人もですからねぇ・・・(^_^;


web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙





posted by ホリボー | Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。

やー、まったくもって正論。読み終えてすっきり、です。
知り合いの老人ホームのスタッフさんに聞いたことがあります。
「お肉好きな入居者さんって、(体力的に)元気で長生きの
傾向を感じるんですよねぇ。」
粗食じゃ健康になれない、って気がします。

「五大栄養素」をきちんと摂って、あとはエネルギー量が
過不足ないようにする。
シンプルな基本だけど、重要でわかりやすいです。
よい記事を読ませていただきました。ありがとうございます。
Posted by みけはは at 2014年07月03日 10:05
>>みけはは さん

 栄養のことって、実は中学校で保健体育の教科書に書いてることなんですよね。
 つまり、中学生レベルの話(^_^;

 でも、毎日3食+おやつまで食べられて当たり前の時代ですから、軽く考えて食事の意味を忘れてしまうんでしょうね。

 大人になると正しいことは複雑でなければいけないと不思議と思う人が多くなりますが、真実とはいつもシンプルな答えなのかもしれません。
Posted by ホリボー at 2014年07月03日 21:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。