今日:  昨日:  合計:

休止中

 2017年の明けましておめでとうございますです。

 更新止まったままだけど、まだまだ生きてるよ(笑)

http://h.ten-t.net/article/407600587.html

↑ 休止の理由。

 いや、どのページを開いても、トップのこれが毎回出てくるので、検索から来てくれた人には鬱陶しすぎるかなと思って(^_^;

 昨年は微塵も進展なく終わってしまいました(^_^;

 あ、漫画雑誌の発売日はそこそこ更新してたんですよ?ただ、最近は忙しくて読む暇がないので、雑誌が貯まる一方で、発売日シリーズは削除しようと考えてたり。

 それでもまだまだやる気だけはある(笑)

 今年こそは片を付けたいなぁ…。

2017年01月06日

2014年07月12日 20:39

『TR−DUALO−BK』が故障かな?と思ったら

カテゴリ:雑記

TR-DUALO-BK 2個目


 おや?前回も買ったじゃねえか、これ。と思った方、ええ、その通り、2回目です。

 いや、前回買ったのが壊れたみたいでね。
 もう一度買ったわけです。
 あ、値段下がってやがる(^_^;

 なんか、この手の商品って少なくて、はっきり言って他に選択肢がないんですよ。

 なんで?
 iPod系のリモコンってあんまり出てないのは何故なんでしょうね?

 ていうか、Appleも何でリモコンを正規で出さないんだろう?
 いちいちでかいiPodを取り出して、両手で画面操作しろって不親切すぎるだろうがよ。

 ワシはなるべく正規品を使いたいので、あんま、どこの馬の骨とも知らないメーカーのは使いたくないんですよね。

 まあ、いいや。

 ところで、この「TR-DUALO-BK」はなんかいろいろくせがあるようで、Amazonのレビュー見ても、次曲・前曲ボタンが利かないとか、いろいろ不評だったりします。

 ワシも半年以上使ってみて、気づいたクセがあって、今回はそれを書いてみようと思います。

 ずばり、ボリュームボタン。

 なんかね、これ、接続の具合で利いたり利かなかったりするみたい。

 これの対処方法ですが、まずロックは解除して、デスクトップっていうの?iPodでの呼び方は分かりませんが、アイコンが並んでる画面って言や分かるかな?その画面を出すわけです。

 で、ヘッドホンないしイヤホンで音を確認しながら、ゆっくりプラグを穴に差し込む。
 「ブツッ」と音がしたら、ほぼ成功。
 何も音がしない、「チリッ」とか軽い音ならだいたい失敗。

 差し込んだ後にボリュームボタンが利くか試してみてください。

 たぶん、手早く差し込むとほとんど失敗すると思うので、あくまでゆっくりね。


 で、今回、買い換えた理由は故障ですが、その故障状況がちょっと面白かったので、これも書いておきます。

 端的に言うと、次曲・前曲ボタンが利いたり利かなかったりするようになってきたんですね。
 どういうときに利いたり利かなかったりするか分からないんですが、なんか気温の低いところにいたらダメなような、なんどかボタンを押してると利くようになるような、いまいち原因が分かりません。

 ただ、対処方法が分かりまして、これが面白い。

 まあ、ボタンを復帰させる方法ではないんですが、ボタンが利かなくても次曲・前曲を選べるって方法。


 次曲:再生・停止ボタン2回押し
 前曲:再生・停止ボタン3回押し



 あれぇぇぇ??
 なんか、どこかで見たコマンドですよねぇ?

 そう、ワシがこのリモコンの前に買った1個のボタンで3つの操作をするリモコン「AT337iS BK」と同じ(笑)

 イラついて再生・停止ボタンを連打してて気づいたんですけどね(^_^;

 なんでしょうね?
 もしかして、仕組みとしては単純なのかな?

 電気信号を1回送ったら、再生と停止。
 2回送ったら次曲。
 3回送ったら前曲。

 これをそれぞれのボタンに割り振って、一回押すだけで、それぞれの回数の電気信号を送れるようにしてるだけとか。

 ただ捨てるのももったいないので、ちょっと分解してみましょうか。

↓基板裏↓
TR-DUALO-BK 基板裏

↓基板表↓
TR-DUALO-BK 基板表

↓カバー↓
TR-DUALO-BK カバー


 物々しい裏から順番に。
 って、基盤的にはこれが表なのかもしれませんが、まあカバーのボタンがついてる方を表としてね(^_^;


 で、電子工作の知識なんて皆無のワシがみたところで、さっぱり分からん。

 最近、モーニングで連載中の「ハルロック」って漫画を読んでたもんですが、できる気にはなってたんですけどね(笑)

 まあ、でも考え方はあってるんじゃないかな〜?

 それにしても、次曲・前曲ボタンは利かないで、再生・停止ボタンで利くようになるって不思議な現象よのぉ・・・。



 ・・・



 ・・・



 ・・・



 はっ!?
 まさか・・・


 ポクポクポクチーン


 すんません(^_^;

 この記事書きながら思いついたんですが、もしかして再生・停止ボタンで操作できるって最初からじゃないかと思い、今、新しいやつで試してみたらできました(笑)

 あれぇぇぇぇ・・・?
 これってデフォルトでついてる機能なの?

 あ、今回新品買ったんだから、そのマニュアル見れば良いじゃん。


TR-DUALO-BK 再生・停止ボタンでも次曲・前曲選択は可能



 書いてました(笑)

 まったく気づかなかった(^_^;
 なぁんだ、最初からできたのか〜。

 じゃあ、次曲・前曲ボタンが壊れても、これで代用可能なわけね。


 次壊れたときに生産停止とかになってたりしても、一応、使い続けることはできそうですね(^_^;

 まあ、「AT337iS BK」と同じ操作になると言っても、ボタンはこちらの方が押しやすいんで、遙かに使いやすいです。

 まあ、とりあえず、ワシみたいにマニュアルをよく読んでないって人もいるだろうから、この記事がそういう人の役に立てば幸いです(^_^;


       





web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙





posted by ホリボー | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。