今日:  昨日:  合計:

休止中

 2017年の明けましておめでとうございますです。

 更新止まったままだけど、まだまだ生きてるよ(笑)

http://h.ten-t.net/article/407600587.html

↑ 休止の理由。

 いや、どのページを開いても、トップのこれが毎回出てくるので、検索から来てくれた人には鬱陶しすぎるかなと思って(^_^;

 昨年は微塵も進展なく終わってしまいました(^_^;

 あ、漫画雑誌の発売日はそこそこ更新してたんですよ?ただ、最近は忙しくて読む暇がないので、雑誌が貯まる一方で、発売日シリーズは削除しようと考えてたり。

 それでもまだまだやる気だけはある(笑)

 今年こそは片を付けたいなぁ…。

2017年01月06日

2014年08月05日 14:36

朝日新聞が「従軍」慰安婦は嘘だと認めた

カテゴリ:ニュース

<朝日新聞>慰安婦報道を検証 「強制連行」証言取り消す
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140805-00000018-mai-soci


 ついに元凶が罪を認めたね。
 元はといえば朝日が騒ぐまで、韓国だって従軍慰安婦なんて知らない言葉だったわけだ。
 それを左翼新聞が捏造して、わざわざ韓国人をそそのかしてここまで大事にしたんですよね。

>『慰安婦問題は朝日新聞の捏造(ねつぞう)』との指摘はいわれなき批判」としつつ

 えっとね、辞書で「捏造」を調べてみたところ

ねつ‐ぞう〔‐ザウ〕【×捏造】
 [名](スル)《「でつぞう(捏造)」の慣用読み》事実でないことを事実のようにこしらえること。でっちあげること。「記事を―する」
goo辞書



 だそうですよ。
 裏付けが不十分なのに、さも事実であったかのように報道するのは完全な捏造です。


>戦時中、日本軍兵士らの性の相手を強いられた女性がいた事実を消すことはできない

 朝日って馬鹿しかいないのかな?
 裏付けが不十分なのに何でそういう事実があったと分かるわけ?

 そういうのを捏造っていうんだよ。

 そりゃあね、戦争なんて異常な環境に身を置けば、必ず気が狂って暴挙に出る兵士の一人や二人は出てきますよ。
 でも、それって日本だけの話じゃなくて、どこの国でもそうだったわけです。

 だから、そういうのを抑えるために慰安所を作って、二等兵の40倍以上の給料を払って慰安婦を雇っていたわけです。

 そんな一部の暴挙に出た奴を取り上げて、さも国がらみで非道を行ってきたかのように書くってどうなのよ?

 新聞ってのは小説じゃないんだよ。
 徹底した現実主義でなくちゃいけないんじゃないの?

 そこに誇張があったらいけないんじゃないの?

 虚偽を記事にして国際問題にまでした朝日新聞の罪は思いと思います。

 今、韓国が必要以上に突っかかってきたりしてんのはこういうのが原因なんだから、はっきり行って「外患罪」を適用しても良いんじゃない?


 まあ、とりあえず

 従軍慰安婦は嘘だった

 ことが事実となりましたね。




<朝日新聞>慰安婦報道を検証 「強制連行」証言取り消す
毎日新聞 8月5日(火)11時30分配信

 朝日新聞は5日付の朝刊で、従軍慰安婦の問題を巡る同紙の報道内容を検証する特集記事を掲載した。「『慰安婦問題は朝日新聞の捏造(ねつぞう)』との指摘はいわれなき批判」としつつ、特に1990年代初めに、証言や少ない資料をもとに記事を書き続けたと振り返り、「一部に事実関係の誤りがあった」と認めた。「韓国・済州島で強制連行した」との証言について、「虚偽だと判断し、記事を取り消す」としている。

 同紙は1面で、元慰安婦の記事を書いた同紙の元記者が名指しで中傷されている事態などについて、説明責任を果たすため、5〜6日付の紙面で特集を組むとした。

 誤りを認めた一部の記事については「裏付け取材が不十分だった点は反省する」と記述。一方で「戦時中、日本軍兵士らの性の相手を強いられた女性がいた事実を消すことはできない」と強調した。

 さらに特集面で五つの論点で読者の疑問に対する回答を掲載。韓国メディアより先に元慰安婦の証言を報じたとする元記者の記事に「慰安婦と挺身(ていしん)隊の混同」があったと認めたが、「韓国でも当時混同が見られ、元記者も誤用した」と釈明した。

 また、「済州島で慰安婦狩りをした」と証言した吉田清治氏(故人)を16回にわたって記事に取り上げた点も検証。同紙が済州島で再取材した結果、証言を裏付ける話が得られなかったことなどから、証言は虚偽と判断した。【伊藤一郎】



web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙





posted by ホリボー | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。