今日:  昨日:  合計:

休止中

 2017年の明けましておめでとうございますです。

 更新止まったままだけど、まだまだ生きてるよ(笑)

http://h.ten-t.net/article/407600587.html

↑ 休止の理由。

 いや、どのページを開いても、トップのこれが毎回出てくるので、検索から来てくれた人には鬱陶しすぎるかなと思って(^_^;

 昨年は微塵も進展なく終わってしまいました(^_^;

 あ、漫画雑誌の発売日はそこそこ更新してたんですよ?ただ、最近は忙しくて読む暇がないので、雑誌が貯まる一方で、発売日シリーズは削除しようと考えてたり。

 それでもまだまだやる気だけはある(笑)

 今年こそは片を付けたいなぁ…。

2017年01月06日

2014年05月21日 18:40

『テラフォーマーズ』 2014年 アニメ化決定

カテゴリ:漫画

アニメ化『テラフォーマーズ』


 先日、第9巻が発売されたわけですが、ワシのところへは本日到着。

 その帯を見て驚愕。

 アニメ化するんだって!

 って、よくよく確認してみたら、実はヤングジャンプの方ですでに広告打ってました(^_^;

 テラフォーマーズは、木曜の朝にヤンジャン買って、通勤途中で寝ぼけ眼のまま読みますからね。
 単行本はAmazonで予約してますし、特別、表紙を確認する必要もなかったんですよ(^_^;

 テレビアニメの方は、いきなりすっ飛ばして、今連載中のアネックス1号編からやるみたいですね。

 よろこべ、いきなりミッシェル班長や八恵子に会えるぞ!(笑)

 そして、次回の第10巻と第11巻には、バグズ2号編のアニメDVDがついてくる模様。

 1号2号と順序がややこしいですが、バグズ2号編の方がアネックスより前の話です。
 ミッシェル班長のお父ちゃん、ドナテロ・K・デイヴスが艦長をやってるやつ。
 小吉がまだペーペーのころですね(^_^;

 バグズ2号編は単行本で言うなら1巻分なのでDVD2本分で事足りるんでしょうけど、なかなかの太っ腹ですよね。
 まあ、ただ一方的に狩られていく感じの話なので、テレビアニメには向いてないのかもしれませんが(^_^;

 ところで、バグズ2号編のキャストを見て、またまた驚愕。

 あのニヒルなデブキャラ、蛭間一郎の声を杉田智和さんが担当するんだと。
 『涼宮ハルヒの憂鬱』のキョンや、『銀魂』の坂田銀時の人ですよ?

 え?あんな醜悪キャラなんてできんの?(^_^;
 この人、結構いろんなキャラをやりますよね。

 こういう、いろんなキャラを演じられる声優は強いと思っていましたが、まさか蛭間にまで手を出すとは思ってもいませんでした(笑)

 ただ、ワシは杉田さんに関してはキョンの印象が強すぎるんですよね。
 坂田銀時みたいなダラッとしたキャラは良いんですが、『聖闘士星矢Ω』でのフェニックス・一輝は、どうしてもギャグで格好つけてるキョンにしか聞こえなくて受け付けませんでした(^_^;

 蛭間みたいなキャラは、もう逆に新鮮で、これは本当に楽しみですね。

 肝心の第10巻・第11巻の発売日ですが、8月と11月を予定とのこと。
 まあ、これまでのヤンジャンコミックはほぼ19日に発売されてますから、

第10巻 2014年8月19日 発売予定
第11巻 2014年11月19日 発売予定


 と言い切っちゃっても良いでしょう。
 あ、でももし違っても石投げたりしないでね(^_^;

 そういえば、今回の第9巻、表紙はジョセフなんですが、なんと今までのと逆でカバーの方で脱いで、本表紙の方では服を着ているという変態ぶり(笑)
 上手いこと性格出してますねぇ(^_^;

 ところで、Amazonで見つけたんですが、なんか今はKindleって端末持ってる人は、テラフォーマーズの第1巻が無料で読めるみたいですね。

 これって確かAmazonの端末でしたっけ?

 なんか、こういうサービスがあるってのは羨ましいですが、ワシはモニター画面で漫画読むの苦手なので、この手の端末とは縁がありません(^_^;

 持ってる人で、この漫画に興味のある人は落としてみては?
 期間限定のようなのでお早めに。


       




web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙





posted by ホリボー | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年05月13日 15:29

2014/06/23発売予定 『コウノドリ』第5巻

カテゴリ:漫画



 コウノドリの5巻の発売日が決まったようです。

 4巻で風疹の話までやってたから、高齢出産の話にまで届くかどうかですかね?
 最近はワシの記憶も曖昧で、話の順番を忘れてしまっています(^_^;

 前回、予約するのをすっかり忘れていて、全然届かねえじゃねえか!と一人でアホみたいに憤ったあと気づいて、やっぱり一人でアホみたいに恥ずかしがっていたので、今回は忘れないようにしたいと思います(笑)

 というわけで、レビューでも何でもなくて申し訳ないですが、まあワシ個人のメモということで(^_^;


web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙





posted by ホリボー | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年05月12日 23:56

『美味しんぼ』問題 一つ一つのデータが正しくても並べ方で誤解を生む

カテゴリ:漫画

 なんだか鼻血をきっかけに話題になってますね「美味しんぼ」

 前号も見て、今週号も読んでみましたが、こりゃ完全にアウトでしょう。
 なんか「福島に住んではいけない」と言い切っちゃってますもんね(^_^;

 なんというか、取材はしたんだろうけど集めたデータを消化しきらずに漫画にしちゃったみたいな感じ。
 漫画にしたというのも擁護しすぎで、なんかデータを並べただけで、間に適当な所見を挟んだ・・・そう、「理科の観察日記」!
 どなたかの実験ノートみたいな感じですね。「私が思うに被ばくした!すんではいけない!」みたいな(笑)

 読んでていろいろツッコミどころ満載だったんですが、その中からいくつかブログのネタにさせていただきましょう(笑)

双葉町前町長・井戸川克隆さん
 「私が思うに福島に鼻血が出たり、ひどい疲労感で苦しむ人が大勢いるのは、被ばくしたからですよ」


 今回の冒頭の出だしですが、まずこれがポイントですよね。
 前町長さんの見解に過ぎないということ。

 で、被ばくしたと言い切ってますが、これはデータが正しいなら本当だとは思うんですが、この台詞の根拠とするためのデータが、5ページ後に出てくるんですよ。

お母さんたちの調査


 これがそのページなんですが、被ばくしたと言い切った後に、なぜか大阪のガレキ処理場の話になってますよね。
 これって福島の被ばくと無関係ですし、たぶん放射線の影響で出る症状を説明したかったんでしょうけど、「放射線の影響だけと断定はできませんが」と言っちゃってますよね。
 じゃあ、鼻血とかの原因の説明にならんじゃないですか(^_^;

 しかも「お母さんたちが調査した」って(笑)

 え?
 専門機関じゃないの?
 おばちゃんの井戸端会議レベル?

 ごめん、ワシは前号からしか読んでないんですが、ここでいう「お母さん」ってこの喋ってる人のお母さんが専門家か何かで、その人がってこと?
 そういうことだったらゴメンナサイね(^_^;

 で、その調査で目や喉の異常を訴える人がいたって言うけど、それが放射線の影響ってどうやって調べたわけ?
 花粉症がひどくなっただけかもしれませんよね?(笑)

 もしかしたらガレキ処理場の構造に欠陥があって、もともと他の有毒ガスを出していたという場合もありますよね?そこは調べたのかな?

 どれにせよ、放射線の影響と断定できないなら、このタイミングでこの話題を出すのは不適切としか言いようがないです。なんか意図的に誘導しようとしてるようにも見える。

 ずるいのが実在するであろう人たちの台詞は断定できないと言っているのに、山岡がその後で「鼻血は放射線で炎症ができたからですか」と言い切っちゃってますよね?
 これって情報操作じゃないの?

 取材をした相手に責任はなく、漫画の中で断定しちゃってるわけですし。

 そもそも前町長の「被ばくしたから」という台詞も、不思議なお母さん集団が調査したものも、「住民」に対してなんですよね。

 福島の人が被ばくしたという根拠は、原発が爆発する前の圧力容器内から蒸気を抜く作業で大量の放射性物質をばらまいたということ。
 近隣住民の人たちが避難中でしたから、そのときに被ばくしたと言ってるわけです。

 大阪での話も、ガレキ処理場の近隣住民の話でしょ?

 今の福島に数日行っただけで、鼻血が出るほど被ばくする根拠にはならないと思うんですが?

 これでどういう風潮被害が出てくるかというと、ワシの正直な気持ちを言えば「しばらく福島には近づかないようにしよう」です。

 これさぁ、下手すると部落差別みたいな問題も生まれてくるんじゃないか?
 被ばくしてるはずであろう福島出身者と子供を作ると障害を持った子供が生まれるとか、根拠のないデマが広まったり。


 で、この後、もう一人「福島は住めない」と言い切ってる福島大学の荒木田さんって人が出てきます。

 この人は除染作業を何度もしたそうですが、そのたびに喉が痛くなったりと具合が悪くなって必ず寝込んでたそうです。

 でも、これも単なる疲労か放射線の影響かは「わかりませんが」と前置きした上での発言。

 ただ、申し訳ないけど、それって単に防護装備がお粗末だったという話では?

 原発内での作業を描いた「いちえふ」って漫画がありますが、これって事故後の原発内で働いているわけですから浴びる放射線は除染作業どころではないはずですが、喉が痛いだの鼻血が出ただのの話はないですし、寝込むどころか一定の放射線を浴びたら向こう一年は現場に入れないという取り決めがあったりで、ピンピンしてるのに働きたくても働けないという話があるくらいです。

 原発内でそれなのに、除染作業で体調がおかしくなるなら、管理体制に問題があるとしか思えないんですけど。


 まあ、ワシはこの漫画で描かれてることをすべて批難するつもりはないんですが、ちょっとデータや証言の見せ方がおかしいなと。

 実際、除染しても山から放射性物質が流れ込んできて元に戻るとかは、今回の「福島に住めない」という根拠にはなってると思いますよ?

 ただ、福島全域と言えるのか?とかね。

 正直、この漫画は何がしたいのかわからないです。
 100歩譲って「福島に住めない」のが事実だとしましょう。
 健康に害はないとしても、放射性物質が若干でも残ってるような土地より、全くない方が良いのは当たり前ですから、「我が子のことを考えれば住めない」という意味でもあるでしょう。

 でも、データを並べただけで何が解決できるのか?
 福島の人たちに引っ越せとでも言うの?
 愛着を切り捨て、よしんば全員が引っ越しを決意したとしましょう。

 住むとこは?
 仕事は?

 次回でラストのようですし、原作者は最後まで見てから判断してほしいと言っていたので、もしかしたらこの辺の解決策が書かれているのかもしれませんね(邪笑)

 ワシが一番残念なのは、思慮の深そうな海原雄山にまで短絡的な台詞を言わせていたことなんですよね(^_^;

 まあ、ただ、ワシが今回のこの漫画に一番ツッコミたいことは

 グルメ漫画なんだから食い物の話しろや

 ってこと(笑)

 料理の話がまったく出ないって・・・(^_^;
 今やってる話って、誰も美味しくないですよねぇ。

 なんというか、最近、震災だの原発だのの問題を描いたりする漫画が増えてきましたが、自分の領分超えて描こうとするからおかしくなるんですよ。

 なんだろうな〜、最後は福島産の食べ物は安全ですとでもやるのか?

 年を取ると名誉が欲しくなるそうですが、ちょっとこの問題は手に余るのでは?


web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙





posted by ホリボー | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月28日 23:46

「暗殺教室」第89話 ストーリーに集中できんわ(笑) 注:ネタバレあり

カテゴリ:漫画

・野球バカ
・美術ノッポ
・堅物
・貧乏委員
・ツンデレスナイパー
・女たらしクソ野郎
・キノコディレクター
・ゆるふわクワガタ
・ホームベース
・へちま
・コロコロ上がり
・鷹岡もどき
・毒メガネ
・永遠の0
・凛として説教
・ギャル英語
・性別
・変態終末期
・このマンガがすごい!!
・中二半
・ギャルゲーの主人公
・ジャスティス

・永遠なる疾風の運命の王子
 ↓
・バカなるエロのチキンのタコ


 ここに挙げたのは、別に悪口とか、暗殺教室のストーリーを端的に書いたとかじゃないんですよ?
 今週の暗殺教室は、お互いにコードネームを付けて呼び合うというものでして、それで各自付けられたコードネームが上記です(笑)

 最後の、永遠なる〜ってのは殺センセーが自分でつけたもので、それを生徒が訂正したものが下のやつですけどね。
 その一つ上のジャスティスというのは、コードネームではなく本名で、俗にいうDQNネーム(キラキラネーム)を付けられた生徒の悩みが事の発端。

 この名前で呼びながら烏間と戦うんですが、も〜爆笑しながら読んでました。

 なんだよ、変態終末期って(笑)
 このマンガがすごい!!って、もう名前ですらねえよ(^_^;

 それにしても鷹岡もどきは納得(笑)
 ああ、鷹岡っぽいわ。

 ワシは暗殺教室が好きってほどではないんですが、こういう妙な笑いは松井先生の得意とするところで、好きなんですよね。

 ストーリーがストーリーなんで、そうそうこういうギャグパートのみというのは少ないんですが、これからも期待して、やっぱり読み続けちゃいますね〜(^_^;

 あ〜、ワロタ


web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙




タグ:

暗殺教室


posted by ホリボー | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年04月22日 20:18

「エデンの檻」の山田恵庸先生がイブニングで新連載(注:ネタバレあり)

カテゴリ:漫画

 「エデンの檻」はさんざん引っ張ったあげく打ち切られ、心機一転と始めた「CHARON」は不発に終わり、もうどうしようもないなと思っていたら、なんか雑誌を移して山田先生が復活ですよ。

 「DEATHTOPIA(デストピア)」だそうです。

 掲載は今日発売のイブニング。

 あ〜、でもイブニングだと妙にしっくりくるかも。
 乳と尻で人気取ってるようなもんでしたから、こういう青年誌は向いてる人なのかもしれません(笑)

 まあ単なる皮肉なんですが、ただ、今回は「CHARON」と違ってなんだか面白そうですよ。

 山田先生作品の悪いところは、隠し過ぎてるだけなのか、行き当たりばったりで進行してるだけなのかわかりませんが、謎がずっと分からないままで白けちゃうんですよね。

 でも、今回の作品はなんだか分かりやすそうな雰囲気に感じます。

 ネタバレすると、事故って眼底を怪我した主人公が、手術で回復後に見えないものが見えるようになるってのが今回のお話。
 その能力が邪魔だと殺しに来た敵から守ってくれた3人の女の子は、なんだか味方っぽい。

 神の遺産だとかじゃなくて、今回の設定は分かりやすそうですね〜。

 まだ一話なんで詳しい背景までは見えませんが、なんとなく大まかな話の流れは感じました。
 あとは主人公が見える力で、どういう立場になっていくかなんですが。

 イブニングって隔週なんですよね。
 ちょっと待ち遠しかったりします(^_^;


 あ〜、ところで巻末漫画の「いぶぬんぐ
 単行本化はまだかな〜?

 そういえば一昨年の8月に記事書いてますが、その時点であと2〜3年は必要としてましたから、まだ一年半ほどありますか〜。

 ワシ、この漫画、正式に数ページの連載にしてもいいと思うんですけどね〜。

 さて、次は5月13日か。
 結構忘れやすいんで気をつけよ(^_^;


web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙





posted by ホリボー | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。