今日:  昨日:  合計:

休止中

 2017年の明けましておめでとうございますです。

 更新止まったままだけど、まだまだ生きてるよ(笑)

http://h.ten-t.net/article/407600587.html

↑ 休止の理由。

 いや、どのページを開いても、トップのこれが毎回出てくるので、検索から来てくれた人には鬱陶しすぎるかなと思って(^_^;

 昨年は微塵も進展なく終わってしまいました(^_^;

 あ、漫画雑誌の発売日はそこそこ更新してたんですよ?ただ、最近は忙しくて読む暇がないので、雑誌が貯まる一方で、発売日シリーズは削除しようと考えてたり。

 それでもまだまだやる気だけはある(笑)

 今年こそは片を付けたいなぁ…。

2017年01月06日

2013年07月15日 19:39

揚げ物生活「かつおのたたきあげ」

カテゴリ:揚げ物

 牛肉の素揚げの記事で載せた写真を見ていて、ふと思いついたことがあるんですよ。
 周りだけに火が通っていて中が半生、これってタタキにできるんじゃね?というものです(笑)

 かつおのタタキが好きなんですが、バーナーとか持ってないし、炙り加減とかも分からないし、何より面倒臭いので手作りはしません。
 かといって、スーパーでは食べたいと思うときにかつおのタタキの固まりが売ってないんですよね。すでに切り身にしてあるものはありますが、これだと割高になっちゃうし。

 そのくせ、刺身用の生のものはよく売ってたりするので、やっぱり自分で作る方が、望みの大きさと低コストでできるというものです。

 で、とりあえず表面だけ焦げ付かせれば良いんだから、揚げても良いかな〜?と(^_^;
 というわけで、早速試してみました。


刺身用かつお


 買ってきたのは刺身用の生鰹270g。
 100g198円なので全然安くないので普段は買わないんですが、今回どうしても早く試したかったので買ってしまいました(^_^;

 食材の水分が飛んでさらに加熱することで焦げが生まれるんですが、タタキはその焦げの食感も大切ですから、早く焼き付くように余計な水分をキッチンペーパーで吸い取ってあります。

 まあ、揚げ物をするときに食材の水分を取るのは常識なんですが、ワシは面倒なので、油がはねようと溢れかけようと関係なく、ビチャビチャのまま放り込んでいました(笑)
 今回は目的があるので、一手間掛けてということで(^_^;

刺身用かつおを油で揚げる


 はい、ドボンっと。
 やっぱ、水分吸っとくと泡も少ないですね(^_^;

 ちなみに油温は200℃で、時間は1分半にしてあります。
 肉と違って、肴って何だか火の通りが早そうなので1分ぐらいにしたかったんですが、それだと焦げ付かなそうなので、もう30秒ほど我慢と言うことで。

揚げかつおを冷やす


 揚げた後に氷水で冷やします。
 これで余計な油も落としてやります。

 タタキは焼いた後にその余熱で火が通らないように冷やすのが一般的ですが、地方によっては冷やさずに温かいまま食べるのが常識というところがあるそうですね。それはそれで美味しそう。

揚げかつお


 はい、切ったところ。
 良い感じに周りだけ火が通ってますね。

 ただ、今回買った鰹は皮が付いてないためか、それとも揚げるという調理方法のせいなのか、火が通ったところが結構モロくて崩れやすいですね。
 こおからさらに包丁を入れて切り分けでいくわけですが、薄い部分は崩れてしまいました(^_^;
 ここは焼きと揚げの違いというやつかな〜?

 ちなみにこの切り分けていく段階で、調味料をつけて叩いて染み込ませたのが「タタキ」という名前の由来だそうです。
 だから、店に置かれあるのは焼いただけのものなので、実は正確には「タタキ」ではないんだそうな(^_^;

 でも叩いて味を染み込ませた本来のタタキって、どんな味がするんでしょうねぇ?
 一度食べてみたいな(^_^;

かつおのたたきあげ


 切り分けたところ。
 崩れやすくはあるんですが、でもちゃんと「らしく」はなっていますね(^_^;

 ぽん酢に生姜を入れたものに付けて、一切れ食べてみましたが、ウマー。

 本来のタタキのような焦げの味というのがないし少し柔らかめなので、あの独特の食感が好きだという人には物足りないかもしれません。
 ただ、よく言えば食感がマイルドなので、イメージ的には女性的かな〜?

 たぶん、言わないと揚げ物だとは気づかないと思う(^_^;
 ワシとしては、これはこれで大いにアリ、というか、今度からこの方法でタタキを食べようと思います(笑)

 ちなみに名称としては揚げた物だから「たたき揚げ」?
 まあ、叩いてはいませんが(^_^;

 でも「たたきあげ」なんて何だか縁起良さそうですよね。
 一般職として就職したお子さんとかに、会社の中で叩き上げて出世するよう祈って、縁起物として食べさせてあげると良いかもしれません(笑)
 幹部だキャリアだより、現場からの叩き上げの方がすごいんだぞー!?な勢いで(^_^;



web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙





posted by ホリボー | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月29日 20:41

揚げ物生活「サイコロステーキ?牛肉の素揚げ」

カテゴリ:揚げ物

 最近、フライパンで焼くってのが億劫で、そういう料理は作っておりません。
 気づいたんですが、揚げ物の方が油が飛び散るというイメージは間違いで、実はフライパンでの焼く調理の方がコンロが汚れるんですよね。
 揚げ物の時は食材を入れた時にちょっと飛び散るか、取り上げるときにうっかりこぼしてしまうときぐらいしか汚れないのに対して、焼く調理って常に油が飛び散りまくってますから、終わった後は霧吹きで吹いたみたいにまんべんなく油の膜ができているような感じで、拭き取らないといけない範囲も広いです。

 以前、ガスコンロの掃除に苦労した話を書きましたが、そりゃあね、焼く調理ばかりやってたあげく、油を拭き取るなんて事を一切してなかったんだから、汚れまくってるのは当然ですよね(^_^;

 というわけで、最近は焼く調理は敬遠して、なるべく何でも揚げられないかなと考えてしまいます。
 せっかくの鉄製フライパンも、すっかりバット代わりになっております(^_^;

 でも、ワシはステーキが好きでしてね〜。
 たまに無性に牛肉を食いたくなるわけですよ

 で、鶏肉の素揚げができるんだから、牛肉の素揚げでもいいんじゃない?みたいなノリで、まあ早速やってみたわけです(笑)


オーストラリア産 牛ばらかたまり 436g


 買ってきたのが↑これ。
 「オーストラリア産 牛ばらブロック 436g」
 特売で100g95円でした(笑)

 ワシは脂がのってるものより、赤身の多い、いかにも「肉!!」って感じのものが大好きで、ステーキ用ではなく、スーパーで煮込み用として売られてるブロック肉を好んで買います。

 はっきり言って、和牛の良さはよく分かりません(^_^;
 あんな脂だらけのものを、なんで美味しいと思えるのか不思議。
 まあワシが食べたことあるのは、せいぜい100g1000円ほどの和牛ですが、もしかして本当に最高級の和牛って、あまり脂っぽさを感じさせずに美味しいと思えるものなんでしょうかね?
 ン万円払って予約までして食べに行って、結局同じように脂っぽいものだったら泣くに泣けないですからね〜。怖くて試すことができません(^_^;

 話を戻しまして、ワシはフォークを持っていてもステーキナイフは持ってませんし、上品にカットしながら食べるのも面倒ですから、あらかじめ切り分けてサイコロステーキにしたいと思います。

厚さ3cmのサイコロステーキ


 どうよ?厚さ3cmのサイコロステーキですよ。
 あ、長方形だとサイコロじゃねえだろというツッコミは無しの方向で(^_^;
 長辺は4cmぐらいあるのかな?

 いや〜、噛み応えありそうですよね。

 ところでステーキというと、普通は焼く前に塩コショウを振りますよね?
 ワシはどうもアレの意味が分からないんですよ。

 焼いてるうちに焦げちゃって、胡椒の風味飛んじゃいますよね?
 焼いた後で良いようにも思うんですが、あれってなんで焼く前に振るんでしょうね?

 それに塩を振ると、浸透率がどうとかの関係で、食材の水分が抜けますよね?
 塩を振ると、焼いてるうちに肉汁がどんどん流れちゃうんじゃないの?

 いろいろ検索してみたんですが、料理人の人のブログでさえただ「塩コショウを振る」としか書いてなくて、なぜ焼く前なのかとか説明がないので全然分からず終いです(^_^;
 誰か知ってる人、教えて?

牛肉の素揚げ


 はい、一気にドボドボ入れてしまいます。
 いや〜、油もだいぶ古くなってますから、粘度が上がっていて泡が消えずに少し溢れちゃいましたね。
 水分を拭き取らずに入れちゃったからなおさらです(^_^;

 とりあえず、今回は二度揚げの方法を取ってみたいと思います。

 ほら、ステーキ焼く時って、肉汁が流れ出さないように最初に表面を焼き固めるって言うじゃないですか?
 なので、最初に高温で揚げて、その後、低温で火を通そうと思います。

 というわけで、一度目は200℃、二度目は160℃でいきます。

 初めての200℃ですな。
 ウチのコンロは、160、180、200と3つ設定がありますが、正直、200℃って何を揚げるときの設定なのかが全然分かりません。
 たいていの料理は180℃ですよね。
 200℃で揚げてください、なんて見たことないぞ?(^_^;

 まあ、とりあえず、200℃で1分、160℃で2分といったところでしょうか?
 あ、ちなみに焼き加減はミディアムを狙います。

二度揚げの一度目


 はい、200℃で一度目〜。

 試しに切ってみると、上手い具合に表面だけ火が通ってますね。
 なんだかフライパンで焼いたように、ステーキっぽい揚げ加減だし。

 肉を投入したことで油温も下がってるようなので、160℃になるまで加熱〜。
 160℃になったら二度目のドボンです。

二度揚げ完了 ミディアムになってる?


 はい、二度揚げ完了。

 ミディアムと言うより、ミディアムレアって感じですかね?
 でも、これぐらいで良いかな〜?
 安物なんであんまり火を入れすぎると硬くなっちゃうんですよね(^_^;

サイコロステーキ完成


 皿に移して塩コショウを振り、LS100で買ってきた使い切りバターを乗せてみました。

 一個食べてみて、ウマーッ!
 味もちゃんとステーキですよ。

 これ、ラードとかで揚げるともっと美味しそうですよね。
 牛脂をたくさんかっぱらってきて、それで揚げると美味そう。でも、何十個いるんだ?(笑)
 店の人に殴られそうだから、揚げ物用の牛脂とか売ってれば良いんですけどね(^_^;

 とりあえず、素揚げにすることでサイコロステーキっぽいものも作れると言うことで。

 どうですか〜?
 ファミレスや居酒屋で出てくるようなサイコロとは名ばかりのクズ肉みたいな物や、スーパーでよくある練り固めて正方形にしている似非サイコロとか、そういうバッタもんとは違う本物のサイコロステーキですよ?
 サイコロステーキ謳うなら、これくらいのボリュームが欲しいところですよね。

 こういうの出してくれる店があったら、繁盛すると思いますよ?
 いっそワシが開業してやろうか?(^_^;
 一皿800円ぐらいでどうだろ?(笑)

 なんだか、本当にフライパンの出番がなくなってくるな〜。
 あ、でも今日、缶コーヒーを湯煎するのに使ったわ(笑)

 これからは揚げ物の時代ですな。
 うち限定ですが(^_^;


web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙





posted by ホリボー | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月22日 18:47

揚げ物生活「納豆の素揚げ」

カテゴリ:揚げ物

 え〜、今回は納豆です。

 納豆ってパック開けてみると結構カチカチじゃないですか?
 あのネバネバでガッチリくっついてる状態。

 納豆なんて名乗っていても、所詮は大豆ですからね。揚げてもバラバラになるというのは、チーズを素揚げにしようとして失敗したワシでも容易に想像できます(笑)

 でも、ふと思ったんですが、このネバネバってツナギになるんじゃない?ってこと。
 ネットで調べると、納豆を揚げる場合は片栗粉とかをツナギとして入れる必要があるみたいなんですけどね。

 まあ、チーズの時ほどひどいことにはならないと思うので、早速試してみることにしました。


ローソン「おかめ納豆」


 よく見かける「おかめ納豆」です。
 ローソンストア100で、4パック105円。高いのか安いのか分からないですけどね。
 今回はこれでいきましょう。

 さて、これを器に移して、ひたすらこねる。
 納豆って50回こねると良いらしいですね。
 旨みがしっかり出るんだとか。50回以上はあまり意味ないそうです。

 コネコネコネ…。
 あ〜、ワシもどこぞの組織にコネが欲しいですな(笑)

 おおう、ネバネバしてきた。
 このネバネバがツナギになるかどうかですね。

 50回に達するまでひたすらネバネバネバネバ…



 ああ、これは「ネバネバネバネバ」じゃなくて、「Never never never ever」でしたね。
 最後の部分は「エヴァ」ですよ?全部「ネヴァ」と言っちゃう人がいますが。
 まあ、どうでも良いか(^_^;

納豆をこねる


 はい、そしてこね終わったのがこれ。

 常温に15分晒すと、納豆の温度が上がって納豆菌が活性化するのでさらに旨みが増すんだとか。
 あ、塩分加えると菌の活動が止まるので、調味料入れずに納豆だけで15分放置ってことです。
 まあ、いちいち待ってられないし、今回は目的が違うので待たずにこのまま使います。

 ちなみに緩くなっちゃうので調味料は入れません。
 あくまで納豆だけです。

納豆を揚げる


 そのままドボンっと。

 とりあえず、160℃設定で2分揚げることにしました。

 途中で分解するかな〜?と思ってましたが、バラバラにもならず普通に揚がったので意外(^_^;

納豆を揚げた


 揚げあがり。
 ガッチリくっついてますね。

 おお、ちゃんとツナギになるじゃないか?
 なんで片栗粉とか入れる必要あるんだ?

箸で持っても平気


 箸で持つと崩れるかなとも思いましたが、ちゃんと掴めます。
 これはいけるんじゃないでしょうか?

割れた揚げ納豆


 ちょっと割ってみました。
 中身はやっぱり何の変哲もない納豆(笑)

割れた揚げ納豆と調味料


 この時点で付属の調味料をかけて味付け。
 で、食べてみたんですが…



 あんまり美味しくない(^_^;

 火を通しすぎたのかな?
 焦げた納豆というか、納豆の苦みが増してるというか、「なんで納豆をあげる必要あるの?」と本末転倒なことを素直に思ってしまうほど、しょうもない味でした(^_^;

 はっきり言って、納豆って火を通す意味ないですよね(笑)

 ここで思い出したのが、一般的な揚げ納豆の作り方で、片栗粉などをツナギに使うこと。
 あれってたぶん、ツナギ自体に味付けすることで、納豆と絡めて味の広がりを付けることも目的なのかなと。
 天ぷらとかも衣に塩あじ付けますよね?
 素揚げじゃ美味しくないから、ツナギや衣を付けるとか、そういう理由もあるんじゃないでしょうか?
 ってか、もしかしてワシが知らないだけで常識?(^_^;

 ん〜、今回は失敗したわけではないですが、成功とも言いがたいですね〜。
 まあ、ネバネバはツナギになるのか?という実験では成功と言えますか(^_^;

 ワシは次回からは素直に納豆は天ぷらにでもしたいと思います(笑)


web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙





posted by ホリボー | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月11日 19:00

揚げ物生活「揚げ網は目がデカ過ぎ vs にんにく」

カテゴリ:揚げ物

 揚げ網って、なんかやたらと目がでかくないですか?
 バットとかに敷く長方形な格子状のあの網ですよ。油切るためのやつね。

 ワシは揚げ鍋についてきた網をフライパンに敷いてバット代わりにしてたんですが、大きい物を揚げた時には良いんですけど、フライドポテトとか小さい物だと網目からボロボロ落ちて、油を切るどころか溜まった油に浸されてしまうことになるんですよね(^_^;

 100均で小さなバットを買ってきたんですが、こちらの網は他より多少小さくでも、やっぱりワシを満足させるものではありませんでした。

 というわけで、同じ100均で買ってきたのが↓これ。

揚げ網?


 あ、フライパンの方じゃなくて、中にある網の方ね(^_^;

 アウトドアで使うバーベキュー用か何かの丸網です(笑)

 いや、もう細かい網目の物が欲しいと思った瞬間、これが浮かび上がったんですよ。
 これくらい細かいと、よほどの物でない限り落ちないでしょうね。

 あ、実はすでに何度か試してるんですが、フライドポテトみたいな細長いのは落ちますね。
 まあ、それでも置き方に気をつければかなり軽減できますが、ズボラにやりたかったらキッチンペーパーでも敷くという本末転倒な使い方でも良いでしょう(笑)
 網目の大きいものみたいに、重さで落ちるという事もないでしょうし。


 さて、準備もできたところで、今回、揚げるのは「にんにく」

 あ、一番最初に揚げた丸ごとにんにくじゃないですよ?
 あの丸ごとにんにくは揚げる時は楽で良いんですが、食べる時に皮を剥かなきゃいけないので面倒臭いんですよね。

 で、良いものないかと探してみたら見つかったんですよ。



毎度お馴染みLS100「使いきりにんにく」

ローソンストア100「使いきりにんにく」


 要は剥き栗みたいに、あらかじめ剥かれてあるにんにくなら良いじゃないかとスーパーを探してみたんですが、ま〜処理が面倒なのか全然見つかりませんでした。

 で、ダメ元でLS100に行ってみたら、ありやがった(^_^;

 ワシはこれ一袋一気に使うんで2個ずつ密封されてるのは余計なんですが、まあ人によっては次の日のことを考えて、1、2個だけちょこっと食べたいという場合もあるでしょうから、便利と言えば便利ですね。

 ただ、これ消費期限とかどこにも書いてないんですよね。
 どれくらい保つのかは、自分の味覚と嗅覚を信じるしかない(笑)

LS100「使いきりにんにく」中身


 中身はこんな感じ。

 2粒1パックで、それが6つ。
 12粒入ってるってことですね。

 普通のにんにくって1個で6粒ぐらいでしたっけ?
 だいたい、にんにく1〜2個分ってところなのかな?

 100均でにんにく1個105円っていうのは、国産の良いにんにく並みの値段ですよね(笑)
 これ、「輸入者 清水物産 株式会社」って書いてあるからたぶん海外産なんでしょうが、海外産にんにくだと100均でも小さめなのが4個入りで買えますから、コストで考えるとこちらの方が高いかもです。

 ただ、こちらは結構な大粒ですから、剥く手間を考えたらどっこいどっこい?

LS100「使いきりにんにく」出し方


 ワシみたいに一袋全部使うなら、一個一個切っては出して・・・じゃなく、あらかじめ全部に切込みを入れておいて、そこから出すことに集中した方が楽ですよ。

 って、普通はそうやりますよね。
 ワシはその一個ずつ切っては出しをやってました(笑)
 猿か、ワシは(^_^;

LS100「使いきりにんにく」剥き身


 全部出した剥き身。

 やっぱり結構な大粒ぞろいで、下手なにんにくを丸ごと買うよりは良いかも。

にんにく投入


 にんにく投入。
 最近は毎日揚げ物なので、油は鍋に入れっぱなしで2週間ぐらい使うんで真っ黒になるんですけどね。
 今回のは日曜に替えたばかりなので、綺麗な油です(^_^;

 で、肝心の油温と時間ですが、うちのコンロで160℃設定。
 設定は160℃でも、実際に測ると175℃ぐらいになってるんですけどね(^_^;

 なお、設定温度に達したら、にんにくを入れて火を消して余熱で揚げます。
 料理の上手な人は低めの温度にして、トロ火とかで維持しながら火を通すんでしょうけど、ワシはそんな器用なことはできませんし、揚げあがるまで鍋から離れて別のことをしていたいので、火は消しておきたいというのもあります(^_^;

 時間は6分に設定。

揚げニンニク完了


 6分とはしましたが、このように浮いてきたら火は通ってるものと判断しても良いと思います。
 まあ、ワシは別のことをしているので、タイマー通りに(^_^;

黄金の揚げニンニク


 見よ、この黄金に輝く揚げにんにくを・・・!!

 替えたての油のためか、綺麗に揚がりましたね。
 いつもはもっとドス黒いんですが(笑)

 揚げ網に変貌した丸焼き網で、しっかり受け止めています。
 おう、いい感じ、いい感じ。

 ただ、贅沢言えばステンレス製だと良かったんですけどね(^_^;
 食洗機で洗いたいので、鉄がむき出しだと錆びちゃうんで乾燥が使えないんですよ。
 まあ、錆びたら錆びたで金タワシで削いで使うので、そのまま乾燥までやっちゃいますが(笑)


 さて、後はお好みで味塩とかかければ出来上がり。
 あ、もちろん、そのままでも美味しいですよ。

 ワシほどの達人級(マスタークラス)なにんにく好き(笑)だと、にんにくから甘味をしっかり感じることができますから、塩を少し振ったほうが美味しいかな?

 揚げナスのめんつゆ漬けとこれがあれば、とりあえずつまみは事足りますね。
 あ、手軽で簡単だからって、次の日仕事があるのに食べ過ぎないようにね(笑)

余熱で揚げた後の温度


 ちなみに余熱で揚げた後の温度ってどれくらいなのかな〜と測ってみると約124℃。

 油の保ちを良くするために、揚げた後は余計な水分を飛ばしておく必要がありますが、この温度なら再加熱の必要はないかな〜?
 水の沸点は100℃ですもんね?

 心配なようなら一度加熱してから冷ました法が良いかもしれませんね。
 ちなみに油は180℃超えると気化するので、それ以前に抑えないと壁とかが油でベトベトになってしまいますぞ?(^_^;


web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙





posted by ホリボー | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年06月08日 23:59

揚げ物生活「ナスの素揚げをめんつゆにつけただけ」

カテゴリ:揚げ物

 ナスの揚げ物が好きでして、縦に切ったり横に切ったり斜めに切ったりと、いろんな切り方をしては素揚げにしていました。
 で、それを醤油につけて食べていたんですが、ま〜しょっちゅう塩コショウだ醤油だばかりやってると飽きてくるし、なんかナスらしい味がもう一つなんですよね。

 ネットでグリグリ調べてみると、素揚げにしたものをダシにつけるというのがあったので、万能調味料と言われるめんつゆを使ってできないかと試してみたら、これが結構美味かったというお話です。

種だらけのナス


 LS100で買ってきた長ナス4本入り。
 たぶん、あまり料理しない人だとこの切断面にビックリするでしょうね。
 この黒いつぶつぶは種ですな。
 実はワシも初めて見ました。切ってからギョッとしましたよ(笑)

 100均ですら小さいナス二本で1セットなことが多いのに、それが長ナス4本入りなんだから、こういうデメリットがあるのは仕方ないですよね。
 成長しすぎたってやつでしょうか。

 まあ、生で食うならまだしも、火を通す料理には影響ないので全然OKです。

ナス四本分


 さすがに4本分は多いですね(^_^;
 うん、ウチの鍋は長ナス4本が限界だな(笑)

 例のごとく蒸し器の底に敷くあれを重しとして置いておきます。
 ナスって浮きますからね。

 何分ぐらい待てば良いのかよく分からなくて、ネットでも「しんなりするまで」とか曖昧なものしか無くて困りました。
 まあ、とりあえず皮まで多少は柔らかくなって欲しいし、油温も下がってるだろうから5分で設定。

ナスの素揚げ


 はい、揚げあがり。
 火を通しすぎたのかどうか、ワシには分かりません(笑)

騙されて買った濃縮めんつゆ


 はい、そしてLS100で騙されて買った2倍濃縮のめんつゆ。

 何が騙されたかって、最近のLS100は汚いんですよね。
 一見、100円商品に見せかけて、こっそり高い商品を紛らわせておく。そんでもって見えにくいように値段表示してるもんだから、うっかり100円だと思ってカゴに入れると、レジで値段違うのに気づいてびっくりですよ。
 まあ、よく確認しろと言われるんだろうけど、悪徳業者がよくやる都合の悪い注意書きは小さく分かりにくいところに書くみたいな感じで、印字も薄い小さなシールを貼ってるだけで、ホントいちいち100円かどうかを確認しなきゃいけなくなってるわけですから、不便極まりないです。

 というわけで、見事騙されて105円じゃなく248円で買ってきた2倍濃縮めんつゆですわ(笑)

 これを薄めず、そのままドバドバ入れてしまいます。

ナスのめんつゆ漬け


使ってるようで…


 ドバドバと言っても、そんな使ってはないですね。
 普通にそうめんとか食べる程度分ぐらいなのかな?


 で、食べてみた結果、2倍だとワシにはちょっと薄いかな?
 実は数日前に3倍濃縮のものを使ったんですが、そっちの方がワシ好みのようです。
 普通に薄味が好きな人は、2倍の方で良いと思います。

 あ〜、105円の方で良かったな〜。
 このめんつゆは二度と買わない(^_^;

 さて、これで簡単なくせに手の込んでるように見えるレパートリーを一つ持てたぞ(笑)


 あ、ナスって油を吸収しやすいので、カロリーには気をつけてね(^_^;
 気になる人は、潰れちゃうけど少し搾って油を抜いた方が良いかも。


web拍手 by FC2 ← 記事の評価。拍手をくれると超嬉すぃヾ(*≧∀≦)ノ゙





posted by ホリボー | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする